当たり前ですが、私が今、死んでも地球は今と変わらず自転して

 

いるでしょう。

 

 

 

 

 

私が死ぬことで、地球の自転が止まることはあり得ません。

 

 

 

 

 

そんな地球すら、今突然なくなっても、太陽系全体から見れば、大

 

したことではありません。

 

 

 

 

 

地球がなくなったから、太陽系もなくなるということは、万が一にも

 

あり得ません。

 

 

 

 

 

さらにそんな太陽系がなくなったとしても、宇宙は今と変わらず

 

存在していることでしょう。

 

 

 

 

 

太陽系がなくなったから、宇宙も消えてなくなるということは、あり

 

得ないことです。

 

 

 

 

 

まず、自分はちっぽけな存在ということを知ることです。

 

 

 

 

 

人間は、地球で一番偉いからと、ふんぞり返っています。

 

 

 

 

 

視野が狭く、世間知らずのような状態になっていると、自分は王様

 

だと勘違いしてしまいます。

 

 

 

 

 

生物たちを生かしているのは人間のおかげだと思っていますが、

 

そんな人間ですら地球に生かされている状態です。

 

 

 

 

 

地球という鳥籠の中で、飼われているようなものです。

 

 

 

 

 

そんな地球すら太陽系に生かされ、太陽系も銀河系に生かされ、

 

銀河系は宇宙に生かされています。

 

 

 

 

 

宇宙という全体から見れば、人間はちっぽけなんです。

 

 

 

 

 

その小ささを知れば、世の中に起こっている出来事は、どれも

 

かわいらしく思えてきます。

 

 

 

 

 

『友達との喧嘩』

 

 

 

『試合での敗北』

 

 

 

『受験失敗』

 

 

 

『落第』

 

 

 

『失恋』

 

 

 

『解雇』

 

 

 

『倒産』

 

 

 

『離婚』

 

 

 

『死』

 

 

 

 

 

どれもこれも、大したことではないんです。

 

 

 

 

 

あってもなくても、宇宙はまったく何の影響も受けないんです。

 

 

 

 

 

大げさに勘違いをしているのは、人間であって、実は大げさでも

 

大きなことでもないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

 

 

   皆様にとって素晴らしい一日でありますように、、、

 

 

 

 

      『ちっぽけな 存在だけど  

                       小さな幸せ 求めて生きる』

 

 

 

     

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』