不機嫌になっているにもかかわらず、なかなか認めようとしない

 

人がいます。

 

 

 

 

 

『機嫌が悪いの? 怒っているの?』と聞かれたとき、とっさに否定

 

していませんか。

 

 

 

 

 

不機嫌にもかかわらず『不機嫌じゃないよ!』と。。。

 

 

 

 

 

図星にもかかわらず、素直に認めようとしません。

 

 

 

 

 

しかめ面をしながら『不機嫌ではない』と言われても、すぐ嘘だと

 

わかります。

 

 

 

 

 

表情でバレバレです。

 

 

 

 

図星だと思われるのが嫌なので、反射的に認めたくない心理が

 

働いたせいかもしれません。

 

 

 

 

 

『不機嫌な自分はカッコ悪い』『不機嫌な自分を認めたくない』と

 

強がっているのかもしれません。

 

 

 

 

 

たしかに、不機嫌なときは情緒が不安定なので、素直になりにくい

 

ところでしょう。

 

 

 

 

 

弱い自分を認めたくない心理もわかります。

 

 

 

 

 

しかし、ここが注意したいポイントです。

 

 

 

 

 

不機嫌な自分を認めないと、なかなか不機嫌が直りません。

 

 

 

 

 

現実から目をそらすことになるからです。

 

 

 

 

 

現実から目をそらしているかぎり、なかなか改善に向かいません。

 

 

 

 

 

不機嫌であることを認めないと、対処することもありません。

 

 

 

 

 

対処をしないから、不機嫌が長引いたり悪化したりするんです。

 

 

 

 

 

不機嫌にもかかわらず『不機嫌ではない』と強がるのはよくありま

 

せん。

 

 

 

 

 

心の中でギャップが生まれ、ストレスになり、さらなる不機嫌を引き

 

起こします。

 

 

 

 

 

不機嫌を認めないから、なかなか不機嫌が直らないんです。

 

 

 

 

 

人は感情を持った生き物です。

 

 

 

 

 

感情を持った生き物ですから、たまには機嫌が悪いときがあって

 

当然です。

 

 

 

 

 

不機嫌のときは、素直に認めましょう。

 

 

 

 

 

機嫌が悪いときは『自分は今、機嫌が悪くなっている』と思うだけで

 

いいんです。

 

 

 

 

 

人から『機嫌が悪いの?』と聞かれたときも、素直に答えましょう。

 

 

 

 

 

『ごめんね。ちょっと今、機嫌がよくないんだ』

 

 

 

 

 

余計なことは言わず、正直に答えます。

 

 

 

 

 

強がって否定しないことです。

 

 

 

 

 

強がって否定していると、頭が固くなって頑固になります。

 

 

 

 

 

素直になれば、現実の自分を受け入れます。

 

 

 

 

 

素直に不機嫌な自分を認めることで、吐き出した感が生まれ、

 

心の中もスッキリします。

 

 

 

 

 

現実の自分を受け入れるから、必要な対処を打てます。

 

 

 

 

 

結果として、早く機嫌が直るんです。

 

 

 

 

 

『そうだよね。不機嫌だから、何とかしよう』

 

 

 

 

 

前向きな考え方ができるようになり、次のステップに進めるん

 

です。

 

 

 

 

 

不機嫌なままでいると、相手に気を使わせるばかりか、相手も

 

不機嫌にさせてしまうこともありますからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

 

 

   皆様にとって素晴らしい一日でありますように、、、

 

 

 

 

   『相手がいるのに 自分のことばかり考えて  

                相手はあなたのことばかり 気にしてるのに』

 

 

 

     

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』