相手の考えや気持ちが、自分と同じだとわかるときがあります。

 

 

 

 

 

相手の思考や感情を、自分のもののように感じ取れます。

 

 

 

 

 

『自分と同じ考えだ。自分と同じ気持ちだ』と思うと、少し嬉しい

 

気持ちになるでしょう。

 

 

 

 

 

共感できると、心が朗らかになります。

 

 

 

 

 

もちろん心の中で思うのはいいですが、思うだけで終わらせる

 

のはもったいない。

 

 

 

 

相手の考えや気持ちが、自分と同じだとわかったら、お互いの

 

心が通じ合うチャンス。

 

 

 

 

 

心が通じ合うチャンスがあるなら、その可能性をしっかり引き

 

出すことが大切です。

 

 

 

 

 

きちんと相手に伝えましょう。

 

 

 

 

 

『私も同感です』

 

 

 

『私も同じ考えです』

 

 

 

『私も同じ気持ちです』

 

 

 

 

 

思うだけでなく、きちんと言葉に出して言うことがポイントです。

 

 

 

 

 

きちんと言葉に出して言うから、しっかり相手に伝わります。

 

 

 

 

 

相手は『きちんと理解してもらえた』とわかると安心するでしょう。

 

 

 

 

 

共感によって相手に元気を与えることもできます。

 

 

 

 

 

心が通じ合うと、仲間意識が生まれます。

 

 

 

 

 

お互いの心が満たされ、幸せな気持ちになります。

 

 

 

 

 

会話が盛り上がり、どんどん話が進むでしょう。

 

 

 

 

 

ますます親しくなるきっかけになるんです。

 

 

 

 

 

黙ったままではいけません。

 

 

 

 

 

黙ったままでも、態度や雰囲気で伝わることもありますが、不安定

 

です。

 

 

 

 

 

面倒くさがって言葉を省略していると、仲良くなるチャンスを逃し

 

ます。

 

 

 

 

 

『いちいち言わなくてもわかるだろう』という油断があると、思わぬ

 

誤解やすれ違いを生むこともあります。

 

 

 

 

 

以心伝心に頼りすぎないこと。

 

 

 

 

 

以心伝心にも限界があります。

 

 

 

 

 

発言を面倒くさがっていては、言葉の力を生かせません。

 

 

 

 

 

私たちには、高度なコミュニケーション能力があるのですから、

 

しっかり活用することが大切です。

 

 

 

 

 

相手と仲良くなるのに、特別なネタは不要です。

 

 

 

 

 

『共感もネタの一つ』と考えてください。

 

 

 

 

 

『私も同じ考えです、気持ちです』と言うだけでも、話のネタになり

 

ます。

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

 

 

   皆様にとって素晴らしい一日でありますように、、、

 

 

 

『みんながいるから 笑顔になれる

 

     優しく支えてくれるから 頑張ろうって思える

 

        みんなに出会えて 本当によかった ありがとう』

 

 

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』