期待と不安は、交互にやってくるものです。

 

 

 

 

 

期待だけがずっと続けばいいのですが、そんな都合のいい話は

 

ありません。

 

 

 

 

 

しばらくすれば、不安がやってくるでしょう。

 

 

 

 

 

期待をすればするほど『もしうまくいかなかったらどうしよう』という

 

不安も生まれるからです。

 

 

 

 

 

ただし、不安で落ち込んでいても、ずっと続くわけではありません。

 

 

 

 

 

しばらくすれば不安が消え、期待がやってくるでしょう。

 

 

 

 

 

不安をかき消すように行動すれば、おのずと期待も生まれるから

 

です。

 

 

 

 

 

期待と不安は、交互にやってくるものです。

 

 

 

 

 

期待と不安は、表裏一体なんです。

 

 

 

 

 

こう考えましょう。

 

 

 

 

 

『期待と不安は、セットであると』と。。。

 

 

 

 

 

海の波のようなものです。

 

 

 

 

 

上がったり下がったりして、一定のリズムを打っています。

 

 

 

 

 

人生では、期待と不安の両方が必要です。

 

 

 

 

 

期待があるから、明るくなれます。

 

 

 

 

 

不安があるから、緊張感を保てます。

 

 

 

 

 

どちらか一方では不安定です。

 

 

 

 

 

どちらか一方だけを求めるのではなく、どちらも大切にしましょう。

 

 

 

 

 

期待と不安の両方を大切にすることで、明るさと緊張感のバランス

 

の取れた生活を送れます。

 

 

 

 

 

リズムと思えばいいんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

 

 

   皆様にとって素晴らしい一日でありますように、、、

 

 

 

 

     『止まない 雨はない  

                      明けない 夜もない

 

                  前を向いて 歩かないと』

 

 

 

     

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』