私たちは『いい人』になりたがろうとします。

 

 

 

 

 

『いい人だね』と言われて嬉しくない人はいません。

 

 

 

 

 

『いい人だね』と言われると、自分が認められたように感じて嬉しく

 

なるもの。

 

 

 

 

 

気が進まないことがあっても『みんなから好かれたい』という一心

 

で受け入れる。

 

 

 

 

 

いい人になるために、できるだけ寛大で温厚な振る舞いを心がけ

 

ている人も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

しかし実際のところ、いい人になろうとすると難しい問題が発生

 

します。

 

 

 

 

 

世話好きにならなければいけません。

 

 

 

誰に対してもいい顔をしなければいけません。

 

 

 

嫌なことでも、何でも嫌がらず受け入れなければいけません。

 

 

 

嫌われないように、どんな無理なお願い事でも聞き入れなければ

 

いけません。

 

 

 

自分のことは差し置いて、いつも相手の話に合わせなければいけ

 

ません。

 

 

 

 

 

時には、嘘偽りの自分を見せなければいけないときもあるで

 

しょう。

 

 

 

 

 

これではもはや八方美人です。

 

 

 

 

 

もはや自分らしさはありません。

 

 

 

 

 

自分ではない、誰かになっています。

 

 

 

 

 

完璧主義者なら『絶対いい人と思われなければいけない!』という

 

強迫観念が生まれ、自分の首を絞めることになるでしょう。

 

 

 

 

 

どれだけいい人になっても、自分を見失っては意味がありません。

 

 

 

 

 

たとえいい人になることができても、今度は『自分らしくないのを

 

何とかしたい』という、別の悩みが生まれるでしょう。

 

 

 

 

 

「10割のいい人」を目指すから、苦しくなるんです。

 

 

 

 

 

いい人になりたがるのはいいですが、自分を見失わないように

 

することです。

 

 

 

 

 

いい人になりたいなら、心がけたい考え方があります。

 

 

 

 

 

『10割のいい人』を目指すのではありません。

 

 

 

 

 

『7割のいい人』を目指すんです。

 

 

 

 

 

10割のいい人を目指すのは非現実的であり苦しくても、7割のいい

 

人であれば現実的で楽になります。

 

 

 

 

 

いい人らしくない言動があっても、3割までなら『よし』とします。

 

 

 

 

 

『たまにはいい人をやめてもいいよね』

 

 

 

『時には嫌な人になることもあっていいよね』

 

 

 

『たまには「いい人でない」と思われることもあっていいよね』

 

 

 

 

 

そう思えば、ストレスも減って、身も心も軽くなります。

 

 

 

 

 

自分の評価や評判を落とすことがあっても、3割までは許容範囲

 

です。

 

 

 

 

 

時には相手を不快にさせることがあっても、それで自分が保てる

 

なら正解です。

 

 

 

 

 

自分を見失いそうになったら『いい人をやめる』という選択肢も

 

大切です。

 

 

 

 

 

人生は、あくまで自分が主役ですから、自分らしく生きることが

 

必要不可欠です。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

 

 

   皆様にとって素晴らしい一日でありますように、、、

 

 

 

 

    『いつも全力を出してたら 疲れちゃう  

                           3割の 余裕が大切です』

 

 

 

     

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』