人から甘えられることはありませんか。

 

 

 

 

 

異性のパートナーから甘えられることもあれば、同性の友人から

 

甘えられることもあるでしょう。

 

 

 

 

 

わがままを言ってきたり、べったりくっついてきたり、物をねだって

 

きたりです。

 

 

 

 

 

弱音を吐いてきたり、プライベートをさらけ出してきたりすることも

 

あるでしょう。

 

 

 

 

 

大の大人が、急に幼い子供のような態度に変わります。

 

 

 

 

 

『急にどうしたのだろう』と違和感を覚えますね。

 

 

 

 

 

うっとうしくて突っぱねたくなるかもしれませんが、ちょっと待って

 

ください。

 

 

 

 

 

甘えてくる人がいれば喜んでください。

 

 

 

 

 

甘えられるのは名誉なことだからです。

 

 

 

 

 

甘える行為は、誰にでもできることではありません。

 

 

 

 

 

人を選びます。

 

 

 

 

 

よほどの相手でなければ、そう簡単に甘えることはできません。

 

 

 

 

 

あなたが誰かに甘える場面を想像してください。

 

 

 

 

 

慎重に相手を選ぶはずです。

 

 

 

 

 

大きな度量があって、十分な信頼関係もあって、受け入れてくれ

 

そうな人を選ぶでしょう。

 

 

 

 

 

『この人なら甘えても受け入れてくれるだろう』と思って、初めて

 

甘えるはずです。

 

 

 

 

 

あなたがそうであるように、相手もそうです。

 

 

 

 

 

甘えてくる人がいれば、相手から頼りになる存在と認められて

 

います。

 

 

 

 

 

『あなたには甘えられるだけの度量と信頼があります』と褒められ

 

ています。

 

 

 

 

 

これは大変名誉で喜ばしいことです。

 

 

 

 

 

うっとうしく感じるかもしれませんが、まず相手に認められ、選ばれ

 

たことを喜んでください。

 

 

 

 

 

そして、できるだけ甘えてくる相手を受け入れようではありま

 

せんか。

 

 

 

 

 

一緒に過ごしたりわがままを受け入れたりして、べたべたしてくる

 

相手に付き合ってあげましょう。

 

 

 

 

 

相手のすべてを受け入れ、全面的に肯定することが大切です。

 

 

 

 

 

相手の期待に応えるから認められているのですから、できる範囲

 

でかまって、相手の期待に応えていきましょう。

 

 

 

 

 

大したことはできないかもしれませんが、小さなことでもいい。

 

 

 

 

 

自分も余裕がないときなら、話を聞くだけでもかまいません。

 

 

 

 

 

たっぷり甘えた後は、きっと相手は元気になってくれるでしょう。

 

 

 

 

 

何ものにも代えがたい、絆や信頼関係へとつながっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

 

 

   皆様にとって素晴らしい一日でありますように、、、

 

 

 

 

    『黙っているけど ずっとそばにいる  

                           話さなくても 一緒がいい』

 

 

 

     

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』