幸せになるためには『ありのままの自分』でいることが前提条件

 

です。

 

 

 

 

 

本来の自分はそれで十分完璧で、変える必要などありません。

 

 

 

 

 

しかし、残念なことに、多くの人が憧れの人になろうと無理をして

 

います。

 

 

 

 

 

自分の好きなアイドルに憧れて、自分も同じようになろうと努力を

 

します。

 

 

 

 

 

着ている服を真似たり、話し方を真似たりして、自分の憧れに近づ

 

こうとします。

 

 

 

 

 

私も中学のころ、憧れていた歌手、俳優の身なりを真似していた

 

時期がありました。

 

 

 

 

 

おそらく、話し方やしぐさまで真似しようとしていたはずです。

 

 

 

 

 

そんなことをしているうちに、私は本当の自分がわからなくなって

 

しまった経験があります。

 

 

 

 

 

同じような経験がある人だとわかってくれると思うのですが、自分

 

が自分以外の人になろうとしても、違和感があるんです。

 

 

 

 

 

本当の自分が、1とします。

 

 

 

 

 

自分が求める憧れの人を、2とします。

 

 

 

 

 

自分が憧れの人に近づこうとしているとき、1から1.2へ近づき、1.2

 

から1.4へと近づきます。

 

 

 

 

 

しかし、どうも完璧な、2にはなれません。

 

 

 

 

 

生まれも育ちも違うため、どんなに努力しても自分の理想の2には

 

なれないんです。

 

 

 

 

 

そのため、中途半端な1.5くらいのところで、止まってしまうんです。

 

 

 

 

 

『1.5』というのが、中途半端です。

 

 

 

 

 

自分でもないし、憧れの人でもない。

 

 

 

 

 

中途半端な、わけのわからない自分になってしまうんです。

 

 

 

 

 

私は、自分が追い求める憧れに近づこうとしても結局無理であると

 

いうことがわかりました。

 

 

 

 

 

結果として残ったのが、中途半端な性格の自分だったんです。

 

 

 

 

 

もう自分が何だかわからなくなりました。

 

 

 

 

 

自分ではない人に、自分がなろうとしてしまうと、自分がわからなく

 

なってしまうんです。

 

 

 

 

 

自分を憧れの人とすり変えようとすることは、本来不可能なこと

 

なんです。

 

 

 

 

 

しかし、あなたは唯一完璧な存在になれる人がいます。

 

 

 

 

 

『あなた』です。

 

 

 

 

 

あなただけは、完璧です。

 

 

 

 

 

あなたになろうとして誰かが真似しても、あなたになることはでき

 

ません。

 

 

 

 

 

それでいてあなたはあなたになることができ、あなたを完璧に演じ

 

ることができています。

 

 

 

 

 

あなたはすでに『あなた』という完璧を手に入れているんです。

 

 

 

 

 

ここに早く気づきましょう。

 

 

 

 

 

あなたが、恋い焦がれて好きになるべき人は、誰でもない、自分

 

なんです。

 

 

 

 

 

唯一、あなたは、あなたにだけは完璧になることができています。

 

 

 

 

 

何も自分を変える必要などありません。

 

 

 

 

 

『ありのままの自分』を好きになればいいんです。

 

 

 

 

 

憧れる人になろうとして努力するエネルギーがあるなら、自分を

 

好きになることにエネルギーを使うことです。

 

 

 

 

 

自分を好きになれば、あなたは自分を完璧に演じることができる

 

ので、まったくの無駄がありません。

 

 

 

 

 

すべてが自分らしくて、完璧な個性を出すことができています。

 

 

 

 

 

今、私は自分が好きです。

 

 

 

 

 

自分という好きな人になることができていますから、自分を無理

 

やり変えることもありません。

 

 

 

 

 

このままでいいんです。

 

 

 

 

 

いつも素直な自分で生きることができています。

 

 

 

 

 

私は、人から『素直だね』と言われることがありますが、自分が

 

自分らしくしているだけですから、素直になることも当然です。

 

 

 

 

 

あなたが『一番好きな人は、誰ですか?』と聞かれたら『自分です』

 

と答えられるようになればいいんです。

 

 

 

 

 

1番は、必ず自分でいることです。

 

 

 

 

 

2番、3番は恋人や家族でいいんです。

 

 

 

 

 

『自己愛の強い人』とも言えますが、自分で自分が好きでなけれ

 

ば、誰を好きになるのですか。

 

 

 

 

 

自分が好きでなければ、自分という存在が崩れます。

 

 

 

 

 

自分を好きになれない人は、他人も好きになれません。

 

 

 

 

 

自分のことが嫌いだと言っている人は、決まって不幸そうな顔に

 

なっています。

 

 

 

 

 

しかし『自分のことが好き』だと言っている人は、決まって幸せそう

 

な顔になっています。

 

 

 

 

 

あなたの周りにいる人に当てはめてみましょう。

 

 

 

 

 

テレビの中の人物でもかまいません。

 

 

 

 

 

自分のことを嫌いだと言っている人は不幸そうですが、自分のこと

 

を好きだと言っている人はとても幸せそうにしているはずです。

 

 

 

 

 

好きな人が、自分であるかどうかが大切なんです。

 

 

 

 

 

好きな人が自分なら、完璧な人になりきれるので、困ることはまっ

 

たくありません。

 

 

 

 

 

自分が『ありのままの自分』でいることこそ、一番幸せなことなん

 

です。

 

 

 

 

 

自分以外の人になろうとするのはやめることです。

 

 

 

 

 

『ありのままの自分』を好きになりましょう。

 

 

 

 

 

『ありのままの自分』が、一番幸せなあなたなんです。

 

 

 

 

 

自分以外の人になるのは、やめましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

 

 

   皆様にとって素晴らしい一日でありますように、、、

 

 

 

 

     『誰かを 嫌いになってもいい

                        自分だけは 嫌いにならないで』

     

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』