人間としての決断力が表れるのはどこでしょうか。





話し方や書き方です。





話し方や書き方は、決断力が表れやすい部分の一つです。





たとえば、決断力の弱い人には、次のような表現が目立ちます。





話し方や書き方に、曖昧な表現が多いと、その人の決断力は弱い

とわかります。





『~らしい』



『~かもしれない』



『~という方法もあるが、~とも言えるし、~という見方をする人も

 

少なくないので、~という可能性も否定できない』





曖昧な表現が多い。





話も回りくどくて、何が言いたいのか分かりません。





自分の発言に自信がないため、わざと分かりにくい言い方を

して、その場を乗り切ろうとしています。





決断力の弱さが、話し方や書き方に表れているんです。





決断力の強い人は、話し方や書き方が言い切っています。





『~です』



『~します』



『私は~と考えています』





明快な表現が使えるのは、自分の中でしっかり決断している証拠

です。





自信や確信があるため、ハッキリした表現もできるんです。





その人の決断力は、話し方や書き方を見れば分かります。





あなたは、どちらですか。





もし、決断力を鍛えたければ、普段から明快な表現を心がけま

しょう。





これは習慣です。





一つ一つの話を明快に表現する心がけが習慣になると、自然と

決断力も鍛えることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

 

 

   皆様にとって素晴らしい一日でありますように、、、

 

 

 

 

     『いつもいつも 迷っていたら

                      目の前の幸せも 通り過ぎちゃうよ』

     

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』