つらいときは、たくさん泣いてもいいんです。





むしろ泣いたほうがいい。





思い切り泣いてしまいましょう。





多くの人が『泣くのは情けないこと』と考えがちですが、誤解です。





泣かないのが、強いわけではありません。





本当に強いのは、泣いても、また立ち上がって歩き始める人です。





泣いたとしても、そこで諦めず、また歩み始めればいいんです。





泣くのを悪いことだと考えると、生きるのが苦しくなります。





つらいときに涙が出るのは、正常な生理現象です。





人間なら誰でも普通にあることです。





泣くと、かえって気持ちがスッキリするでしょう。





泣くことは、ストレスを吐き出す作用があります。





いわば、心のゴミ掃除です。





思い切り泣くと、しっかりストレスが吐き出され、また元気になるで

 

しょう。





一回泣くのは、一回寝るのと同じくらい癒しの効果があると言われ

 

ています。





むしろ無理に泣くのを我慢しているほうが問題です。





ストレスをためたままになり、不健康です。





つらいのをごまかしていると、ますますストレスになるでしょう。





つらいときには思い切り泣きましょう。





そして元気になれば、また歩み始めるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

 

 

   皆様にとって素晴らしい一日でありますように、、、

 

 

 

 

     『泣きたい時に 泣かないと

                    笑いたい時に 笑えないよ』

     

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』