私たちは、人生の区切りに、祈りを捧げることがあります。

 

 

 

 

 

 

大切な時期に、神社へお参りに行き、仕事、健康、人間関係など

 

を祈願します。

 

 

 

 

 

 

普段の生活でも、テストや試合前などには『うまくいきますように』

 

と願うことがあるでしょう。

 

 

 

 

 

 

祈りが必ず叶うとは限りませんが、何もしないよりは、ましです。

 

 

 

 

 

 

祈りをすると、ホッと安心しますね。

 

 

 

 

 

 

ところで、質問です。

 

 

 

 

 

 

神様は、いると思いますか。

 

 

 

 

 

 

神様がいるもいないも、信じるのは個人の自由です。

 

 

 

 

 

 

しかし、こうした質問になると、急に返事をたじろぐ人がいます。

 

 

 

 

 

 

『神』というキーワードは、宗教を連想させます。

 

 

 

 

 

 

『神様はいる!』と答えれば、変な人だと思われ、何かの宗教に

 

関わっているのではないかと、不安になることもあるでしょう。

 

 

 

 

 

 

そういう思いが交錯して、祈る習慣がありながら『神様はいな

 

い!』と答えることがあるんです。

 

 

 

 

 

 

これは、少しおかしいですね。

 

 

 

 

 

 

矛盾しています。

 

 

 

 

 

 

神様の存在は信じないのに、願いだけ叶えてもらいたいと思う

 

のは、無理があります。

 

 

 

 

 

 

神様の存在を否定するなら、祈りも奇跡も、否定することになり

 

ます。

 

 

 

 

 

 

奇跡を願うなら、胸を張って『神様はいる!』と言えるようになりま

 

しょう。

 

 

 

 

 

 

神様も信じるから、祈りも天に通じやすくなります。

 

 

 

 

 

 

堂々と神様を信じるのは、恥ずかしいことではありません。

 

 

 

 

 

 

根拠を聞かれても『心の中に神様がいる!』と言えばいいんです。

 

 

 

 

 

 

個人の自由ですから、自分がいると思えばいます。

 

 

 

 

 

 

神秘的な存在を信じるほど、神秘的な奇跡が起こりやすくなるん

 

です。

 

 

 

 

 

 

私は、胸を張って言えます。

 

 

 

 

 

 

『神様はいます!』

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

 

 

皆様にとって素晴らしい一日でありますように、、、

 

 

 

 

     『今日も一つ 明日も一つ

 

              ちっちゃな幸せ 探して生きる』

 

 

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』