信じることと、疑うことのどちらが多いかです。






日々の生活の中で、信じるより疑うほうが多いと、疲れます。






人と会うたびに『この人は健全だろうか。怪しくないだろうか』と

 

疑わなければいけません。






疑うと、目つきが悪くなり、性格も曲がります。






疲れるだけでなく、自分の精神状態にもよくありません。






明るい人生を歩みたければ、疑うより、信じることです。






相手を信じると、疲れより安心を感じ、癒されます。






信じるのは、自分の心を強くする効果もあります。






守られている気持ちになるため、勇気が身につくんです。






もちろん、人生で疑いをゼロにするのは難しいでしょう。






やみくもに何でも信用するのは、危険です。






疑わなければいけない場面があるのも確かです。






しかし、疑いをゼロにするのは難しくても、できるだけ減らすこと

 

なら、できるのではないでしょうか。






疑わしい人からは、距離を置きます。






信じられる人には、近づきます。






できるだけ疑う機会を減らしつつ、信じる機会を増やしましょう。






信頼のある人間関係を構築することが大切です。






そのためにも、自分が、信用される人間になることです。






嘘はつかず、約束はきちんと守ります。






言葉遣いを正し、礼儀を重んじます。






疑われるような行動は慎みます。






自分が正直に生きれば、相手からも信用されるでしょう。






信用が多い人生になれば、生き方も明るくなるんです。






人を騙すより、騙された方がいいのと同じですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

 

 

   皆様にとって素晴らしい一日でありますように、、、

 

 

 

 

      『認めあって 信じあって

                  許しあって 感謝して』

 

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』