純粋な人の特徴の一つ。

 

 

 

 

 

 

それは『心の声を大切にしている』ということです。

 

 

 

 

 

 

純粋な人は、打算や損得勘定には関心がありません。

 

 

 

 

 

 

打算や損得勘定がゼロというわけではありませんが、それより

 

まず大切にしているのは、自分の心です。

 

 

 

 

 

 

自分は今、どう感じているのか。

 

 

 

自分は今、どんな気持ちなのか。

 

 

 

自分は何がしたいのか、何をしたくないか。

 

 

 

 

 

 

いつも自分の心に意識を向け、心の変化を捉えています。

 

 

 

 

 

 

そして心の声に従って行動をしています。

 

 

 

 

 

 

楽しそうなことがあれば、子供のように飛びつきます。

 

 

 

 

 

 

楽しそうなことをすると、楽しいことが待ち受けています。

 

 

 

 

 

 

今すぐハッピーな気持ちになり、心が幸福感で満たされます。

 

 

 

 

 

 

嫌なことがあれば、できるだけ避けます。

 

 

 

 

 

 

嫌なことは、嫌だからです。

 

 

 

 

 

 

不快なことを避けるから、ストレスも減って、いつもニコニコして

 

いられます。

 

 

 

 

 

 

不思議なことがあれば、『何だろう』と思いながら近づきます。

 

 

 

 

 

 

近づいてみるから詳しく知ることができ『なるほど!』と納得でき

 

ます。

 

 

 

 

 

 

視野と見識が広がったことが嬉しく、目をキラキラさせます。

 

 

 

 

 

 

『やってみようよ』という心の声が聞こえれば、ゴーサインです。

 

 

 

 

 

 

『やめたほうがいいよ』という心の声が聞こえれば、ストップサイン

 

です。

 

 

 

 

 

 

心の声に従っていると、自然と運もよくなります。

 

 

 

 

 

 

自分らしい行動になるため、生き方がスムーズになるんです。

 

 

 

 

 

 

ネガティブな気持ちになることを避け、ポジティブな気持ちになる

 

ことをしているので、いつもご機嫌でいられます。

 

 

 

 

 

 

いつもご機嫌だから、明るい雰囲気が出て、ますます人も集まって

 

くるんです。

 

 

 

 

 

 

あなたはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

自分の心を無視していませんか。

 

 

 

 

 

 

打算や損得勘定ばかり考えていませんか。

 

 

 

 

 

 

もちろん打算や損得勘定が悪いわけではありません。

 

 

 

 

 

 

『これをしたらどんな得があって、どんな損があるだろうか』と

 

考えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

もちろん打算や損得勘定が働くときもありますが、できるだけ

 

最小限に抑えましょう。

 

 

 

 

 

 

自分の心の声を無視していると、純粋な人にはなれません。

 

 

 

 

 

 

純粋な人になりたいなら、自分の心の声を大切にしましょう。

 

 

 

 

 

 

自分の人生の主役は、自分です。

 

 

 

 

 

 

心の声に耳を傾けてください。

 

 

 

 

 

 

あなたの心を感じることができるのは、あなただけです。

 

 

 

 

 

 

心の声を大切にするということは、自分を大切にすることでもあり

 

ます。

 

 

 

 

 

 

心の声を大切にすると、自分らしい判断や決断ができ、自分らしく

 

生きられます。

 

 

 

 

 

 

心の声を大切にすると、純粋な人になれるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

 

 

   皆様にとって素晴らしい一日でありますように、、、

 

 

 

 

     『どんな言葉も 謙虚に受け止める

                  自分を 振り返るために』

 

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』