『私は絶対にキレません』





自分の心の大きさをアピールする人がいます。






嫌なことやつらいことがあっても、不満を漏らしません。






こういう人は、何の不満もなく、人生は順風満帆という印象を受け

 

ます。

 

 

 



しかし、こういう人ほど、ある日、爆発します。






ため込んだストレスを隠して、吐き出してもいないからです。






自殺している人の生活を振り返ると、不満を漏らさず、真面目に

 

している人がほとんどです。






『不満もなくて、いつも元気そうだったのに、、、』






よくありません。






隠していただけです。






元気そうだったのではなく、元気なふりをしていました。






追い詰められて死を選ぶくらいなら、不満を口にする癖をつける

 

ことです。






思っていることが相手に伝わらないと『不満がない。元気そうだ。

 

問題ない』と誤解されます。






自分のために演じている真面目は、自分で自分をいじめている

 

状態です。






もう少し、自分の正直な気持ちに従ってください。






不満があるなら、不満を口にします。






その気持ちが周りの人に伝わります。






伝われば、多少なりとも改善の方向に向かうでしょう。






どこでも誰にでも口にしてしまうと社会生活に影響が出るので、

 

心の打ち解けた仲の人や、二人きりのときなど工夫は必要です。

 

 

 



しかし、やはり『我慢』ではなく『吐き出す』ということを忘れないで

 

ください。






人間は弱いから、強くなりました。






弱い者同士が『困っているんだよ』と不満を言い、助け合っている

 

からです。






『私は今、大変なんです』と弱音を吐いている人のほうが、案外、

 

長生きできます。






弱音を口にした時点でストレス発散になり、元気を取り戻している

 

からです。






普段から、ぶつぶつ不満を口にしているので、ため込まず、きちん

 

と発散されています。






なにより、あなたが心の中で思っている不満が言葉として表現

 

され、他の人に伝わります。






伝われば、苦しんでいるあなたを理解でき、助けてもらったり協力

 

を得られたりできるでしょう。






理解されたければ、伝えることです。






隠すのではなく、表現するんです。
 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

 

 

   皆様にとって素晴らしい一日でありますように、、、

 

 

 

 

     『いつも不満を 口にする

                   何もしないで 口にする』

 

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』