あなたを批判する人がいます。

 

 

 

 

 

 

『センスが悪い、態度が悪い、言葉遣いが悪い』

 

 

 

 

 

 

あなたのよくない点や誤っている点を指摘し、ブツブツ小言を

 

言ってきます。

 

 

 

 

 

 

批判されて嬉しい人はいないでしょう。

 

 

 

 

 

 

自分の悪口を言われたように感じて、ムッとするでしょう。

 

 

 

 

 

 

批判をされたとき『悪口を言われた』と感じる人も多いのではない

 

でしょうか。

 

 

 

 

 

 

相手のことを嫌いになるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

目障りな存在として、うっとうしく感じることもあるでしょう。

 

 

 

 

 

 

しかし、ここで気づいてほしいことがあります。

 

 

 

 

 

 

実際のところ、批判する人は一番あなたをよく見ています。

 

 

 

 

 

 

普通の人が気づかないような細かいところまで見ています。

 

 

 

 

 

 

ほかの人はみんな、自分のことで精いっぱいです。

 

 

 

 

 

 

ほかの人を見る余裕も、考える余裕もありません。

 

 

 

 

 

 

そんな中その人は、あなたにしっかり注目してくれました。

 

 

 

 

 

 

細かいところまでじっくり見てくれました。

 

 

 

 

 

 

その上で『ここが悪いのではないか』という改善点まで指摘して

 

くれました。

 

 

 

 

 

 

ありがたいことです。

 

 

 

 

 

 

批判する人を恨まないことです。

 

 

 

 

 

 

批判の言葉なので、少しストレスを感じるかもしれませんが、

 

ありがたい言葉です。

 

 

 

 

 

 

誠実に批判を受け止めれば、自分にとっても飛躍のチャンスに

 

なるでしょう。

 

 

 

 

 

 

批判する人にも、存在価値があります。

 

 

 

 

 

 

『批判する人なんていなくなればいい』と思うかもしれませんが、

 

実際は一人くらいいてくれたほうが助かります。

 

 

 

 

 

 

批判する人がいてくれるおかげで、気持ちが引き締まり、気合が

 

入ります。

 

 

 

 

 

 

改善点が見つかり、飛躍のチャンスも生まれます。

 

 

 

 

 

 

裏を返せば、批判する人は、あなたに期待しています。

 

 

 

 

 

 

期待しているから、わざわざ手間暇をかけて、助言をしてくれて

 

います。

 

 

 

 

 

 

せっかくあなたに注目してくれているのですから、むしろ感謝した

 

ほうがいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

『お忙しい中、わざわざ私に注目くださり、ありがとうございます。

 

おかげで改善点が見つかりました』

 

 

 

 

 

 

声に出して言うのが恥ずかしいなら、心の中で唱えてもかまい

 

ません。

 

 

 

 

 

 

それに気付く、あなたがいればいいんです。

 

 

 

 

 

 

批判する人がいても、恐れることはないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

 

 

   皆様にとって素晴らしい一日でありますように、、、

 

 

 

 

      『寝転んでいるのに 飽きたなら

                  また 歩き出せばいい』

 

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』