『生まれること』と『生きていること』というのは、別の話です。






『生きている』ということは『生かされている』ということです。






生かされているということは、誰かがあやつり人形のように、私た

 

ちを生かせてくれているんです。






それが、神です。






私たちは、神によって生かされています。






神とは何でしょう。






神という正体は、幸せです。






幸せとは、何でしょうか。






『幸せ』とは、人が生きる目的です。






それが人生です。






私たちは神様に向かってお祈りします。






神様に向かってというのは、幸せに向かってということです。






私たちは幸せの方向、つまり神様の方向に向かってお祈りをする

 

んです。






人は生きているのではありません。






人は生かされているんです。






幸せという神によって生かされているんです。






もし私たちの中から『幸せ』を全部消してしまえばどうなるで

 

しょうか。






幸せがなくなり、幸せでもなくなり、幸せを感じることもなくなり

 

ます。






生きる希望を失います。






私たちは、幸せによって生かされているんです。






それが神の正体『幸せ』です。






私たちはこの世に生まれ、この世から去るという繰り返しをして

 

います。






『生まれる』と『死』の間には『生かされている』という時間が存在

 

します。






人は生まれてから死ぬまでの間『幸せ』によって生かされて

 

います。






人は、幸せのために一生を捧げる殉教者です。






人は『幸せという名の神の殉教者』としての一生を送っているん

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

 

 

   皆様にとって素晴らしい一日でありますように、、、

 

 

 

 

     『しあわせという 言葉の中に  

               生かされている 意味がある』

 

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』