話をしたとき、とっさに否定的な返事をする人がいます。

 

 

 

 

 

 

『それって本当なんですか』

 

 

 

『嘘ですよね』

 

 

 

『信じられません』

 

 

 

『あり得ないです』

 

 

 

『悪い冗談はやめてください』

 

 

 

『いい加減なことを言わないでください』

 

 

 

 

 

 

いちいち疑ってかかる人は、残念ですが、ご縁が続きません。

 

 

 

 

 

 

相手の話を疑うのは、相手の話を折っているのと同じです。

 

 

 

 

 

 

真面目に話をしているのに、いちいち疑われると、残念な気持ちに

 

なります。

 

 

 

 

 

 

『自分は信用されていないんだな』とガッカリさせるでしょう。

 

 

 

 

 

 

自分を否定された気持ちになり、テンションが下がります。

 

 

 

 

 

 

話を信じてもらえないと、話が途切れやすくなります。

 

 

 

 

 

 

『この人には何を話しても信じてもらえない』と思われたら終わり

 

です。

 

 

 

 

 

 

不信感を持たれると抵抗感が働くようになり、ご縁も途切れやすく

 

なるんです。

 

 

 

 

 

 

特に疑い深い性格の人は、ついやってしまいがちなので注意が

 

必要です。

 

 

 

 

 

 

疑ってかかる口癖に心当たりがあるなら、直したほうがいいで

 

しょう。

 

 

 

 

 

 

出会い運を上げたいなら、まず素直に相手の話を信じましょう。

 

 

 

 

 

『なるほど』

 

 

 

『そうなのですね』

 

 

 

『知りませんでした』

 

 

 

『いい勉強になります』

 

 

 

『それから?』

 

 

 

 

 

 

相槌を打って、話を信じている姿勢を見せましょう。

 

 

 

 

 

 

話を前に進めるような返事や相槌を返すことです。

 

 

 

 

 

 

疑わしい話をされても、いきなり否定するのではなく、まず信じて

 

受け入れることです。

 

 

 

 

 

 

素直に信じる返事をすれば、相手も気持ちよく話を進めることが

 

できます。

 

 

 

 

 

 

話がとんとん拍子で前に進みます。

 

 

 

 

 

 

話を信じてもらえると、自分のことを信用してもらえているとわかり

 

ます。

 

 

 

 

 

 

自分を認められ、尊重されているように感じます。

 

 

 

 

 

 

『また会いたい』と思ってもらえ、ご縁が続くんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

 

 

   皆様にとって素晴らしい一日でありますように、、、

 

 

 

 

      『人を 疑ってばかりいたら 

                          人にも 疑われてしまう』

 

 

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』