朝起きるのが遅くなり、電車に乗り遅れた。

 

 

 

電車の中で足を踏まれた。

 

 

 

遅刻してしまい、上司に叱られた。

 

 

 

仕事でミスをして、また上司に叱られた。

 

 

 

頭痛がしてきて気持ち悪くなった。

 

 

 

メールの送信先を間違えてしまった。

 

 

 

帰ろうとしたら、急な残業が入った。

 

 

 

残業のせいで、見ようとしていた映画が見られなくなった。

 

 

 

ストレスがたまっていたせいで、無駄遣いをしてしまった。

 

 

 

落ち込んで歩いていたら、道ばたの石につまずいて転び、けがを

 

してしまった。

 

 

 

 

 

 

踏んだり蹴ったりの一日とは、まさにこのことです。

 

 

 

 

 

 

最悪の一日だと感じます。

 

 

 

 

 

 

あってほしくありませんが、人生ではひどい経験が重なる一日が

 

あるもの。

 

 

 

 

 

 

立て続けに嫌なことばかりが起こると、気持ちも滅入ります。

 

 

 

 

 

 

成功の連鎖があるように、失敗の連鎖もあります。

 

 

 

 

 

 

『今日は悪いことばかりだった。不運の出来事が多かった。踏んだ

 

り蹴ったりの一日だった』

 

 

 

 

 

 

踏んだり蹴ったりの一日があると、つらくて嘆いてしまいます。

 

 

 

 

 

 

あまりに悪いことばかりが重なると、悪霊に取りつかれているので

 

はないかと心配してしまうでしょう。

 

 

 

 

 

 

ここで大切なことがあります。

 

 

 

 

 

 

気づいてください。

 

 

 

 

 

 

立て続けに嫌なことが起こっているせいで、考え方がネガティブに

 

なり、嫌なことばかり見るようになっています。

 

 

 

 

 

 

目線も考え方も悪い方向を向いていると、さらに悪いことを引き寄

 

せてしまいます。

 

 

 

 

 

 

目線を変えてください。

 

 

 

 

 

 

立て続けに嫌なことがあったときこそ、良いことに注目しましょう。

 

 

 

 

 

 

良いことが一つもない一日はありません。

 

 

 

 

 

 

どんな日でも、必ず一は良いことがあります。

 

 

 

 

 

 

不運や災難が続いた一日であっても、それだけではないはず

 

です。

 

 

 

 

 

 

たとえ踏んだり蹴ったりの一日であっても、必ず一つは良いことが

 

あります。

 

 

 

 

 

 

踏んだり蹴ったりの一日のときこそ、良いことに注目しましょう。

 

 

 

 

 

 

一つあればいいんです。

 

 

 

 

 

 

一つあれば十分です。

 

 

 

 

 

 

ポジティブな要素を発見することが大切です。

 

 

 

 

 

 

『今日は不運な出来事が重なって最悪だったけど、こんな良いこと

 

もあったよね』

 

 

 

 

 

 

良いことが見つかれば、素直に喜び、感謝しましょう。

 

 

 

 

 

 

良いことに着目すれば、元気が出ます。

 

 

 

 

 

 

心に明るい気持ちがパッと広がるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

 

 

   皆様にとって素晴らしい一日でありますように、、、

 

 

 

 

     『雨もいい 風もいい   

                      晴れの日ばかりじゃ 疲れちゃう』

 

 

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』