『昔は、楽しかったなあ』

 

 

 

『懐かしいなあ』

 

 

 

『あのころは若かったな』

 

 

 

 

 

 

過去を思い出すのは、なぜか心が安らぎます。

 

 

 

 

 

 

昔を懐かしんで思い出し、自分の成長を確かめたり、過去を振り

 

返ったりすることで、現在の感謝に気づくこともあるでしょう。

 

 

 

 

 

 

過去を振り返ることは悪いとは言いませんが、頻度の問題です。

 

 

 

 

 

 

昔話をする頻度が『たまに』ではなく『いつも』になったら、赤信号

 

です。

 

 

 

 

 

 

いつも昔話をする人は、新しい刺激を取り入れていないため、

 

過去の同じ記憶をグルグルと巡り回っています。

 

 

 

 

 

 

進化がなく、進みが乏しいということです。

 

 

 

 

 

 

頻繁に新しい人と出会ったり旅行に出かけたりしている人は、昔の

 

話はしません。

 

 

 

 

 

 

昔話より、もっと素晴らしいことを日々経験しているので、それどこ

 

ろではないからです。

 

 

 

 

 

 

刺激を求めている人は『昔の話』より『未来のスケジュール』に

 

ついて、話をします。

 

 

 

 

 

 

『来週は、温泉に出かけてくる』

 

 

 

『来年に、アメリカへ海外旅行を予定している』

 

 

 

 

 

 

ワクワクする人は、そういう未来のスケジュールを話します。

 

 

 

 

 

 

懐かしい過去も素敵です。

 

 

 

 

 

 

しかし、それ以上に素敵な未来を作ることを考え、行動する人の

 

ほうが、さらに素晴らしいんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

 

 

   皆様にとって素晴らしい一日でありますように、、、

 

 

 

 

     『過去の失敗は 未来への教訓   

                        未来を見つめ 歩いて行ける』

 

 

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』