この世に、完璧な人は一人もいません。

 

 

 

 

 

 

どんな人でも、うっかり記憶を思い出せないことがあります。

 

 

 

 

 

 

猿だって木から落ちることはありますし、弘法も間違った字を書く

 

ことはあります。

 

 

 

 

 

 

間違えないようにと完璧を求めていると、三人が疲れます。

 

 

 

 

 

 

『自分』と『相手』と『周りにいる人』です。

 

 

 

 

 

 

自分に対しても、絶対に間違えないようにしようと心がけると緊張

 

しますし、余裕もなくなります。

 

 

 

 

 

 

相手に対しても完璧を求め始めると、ささいな相手のミスさえも

 

急にイライラしてしまいます。

 

 

 

 

 

 

イライラしているあなたを見ている周りの人も、不快な気分にさせ

 

てしまいます。

 

 

 

 

 

 

完璧を求めると、自分だけでなく、そのほかの人たちまでもたくさん

 

のイライラをき散らしてしまいます。

 

 

 

 

 

 

完璧を求めるのではありません。

 

 

 

 

 

 

大切なことは『誰でも間違えることはある』と、おおらかに構える

 

ことです。

 

 

 

 

 

 

間違えてもいい。

 

 

 

 

 

 

人間は、そういうふうにできています。

 

 

 

 

 

 

子供だけでなく、大人もそうです。

 

 

 

 

 

 

どんな人でも、間違えることはあります。

 

 

 

 

 

 

うっかりとした行動があるから、人間です。

 

 

 

 

 

 

そう思うだけで、感じるストレスは小さくなりませんか。

 

 

 

 

 

 

そういう、大きな心の余裕は大切です。

 

 

 

 

 

 

人間関係では、余裕のある人がうまくいきます。

 

 

 

 

 

 

イライラしたら、いけないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

 

 

   皆様にとって素晴らしい一日でありますように、、、

 

 

 

 

    『間違いは 誰にでもある   

                      その間違いに 気づくことである』

 

 

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』