『寛大な優しさ』 | 四神のブログ

四神のブログ

あなたは、今 幸せですか。。。
あなたが幸せになれるよう、お手伝いさせて下さい。

 

 

 

あなたは短気ですか。

 

 

 

 

 

 

『せっかち』

 

 

 

『怒りっぽい』

 

 

 

『気が短い』

 

 

 

 

 

 

こうした点に心当たりがあれば、まず怒らないことを意識したほうが

 

いいでしょう。

 

 

 

 

 

 

短気と穏やかは、相反する状態です。

 

 

 

 

 

 

それぞれ水と油のような違いがあります。

 

 

 

 

 

 

不快なことがあったとき、イライラしたり怒ったりする人も多いのでは

 

ないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

不快なことがあれば、気分を害するのも仕方ないでしょう。

 

 

 

 

 

 

トラブルがあれば、とっさに余裕がなくなり、あたふたするでしょう。

 

 

 

 

 

 

人間は、感情を持つ生き物です。

 

 

 

 

 

 

嫌な一言を言われてムッとすることもあれば、迷惑な行為をされて

 

腹を立てることもあるはずです。

 

 

 

 

 

 

しかし、短気な性格では、穏やかな人になれません。

 

 

 

 

 

 

すぐ怒る様子は、心が狭く、余裕がない様子に映ります。

 

 

 

 

 

 

わがままで自己中心的な印象を与えてしまうでしょう。

 

 

 

 

 

 

感情的な言動は、自分の印象や評価を下げることになるため、結局

 

は損になります。

 

 

 

 

 

 

穏やかな人になるためには、嫌なことがあっても怒らない、心の広さ

 

が必要です。

 

 

 

 

 

 

一言で言えば『寛大な優しさ』です。

 

 

 

 

 

 

穏やかな人は、寛大な優しさがあります。

 

 

 

 

 

 

嫌なことや不快なことがあっても怒りません。

 

 

 

 

 

 

それどころか、快く許せます。

 

 

 

 

 

 

寛大な優しさは、すべての人に好かれる性格です。

 

 

 

 

 

 

寛大な優しさを身につけると、必ず人間関係がよくなります。

 

 

 

 

 

 

寛大な優しさは、今すぐ身につけられるものではありませんが、

 

心がけならできるはずです。

 

 

 

 

 

 

人生経験を積むことで、自然と寛大な優しさが強くなることもあります

 

が、積極的に意識をすることも大切です。

 

 

 

 

 

 

たとえば、頭に血が上ったときです。

 

 

 

 

 

 

『こんなことでイライラしてどうするの?』と自分に言い聞かせてくだ

 

さい。

 

 

 

 

 

 

早々に興奮が冷めて、冷静な心を取り戻せるでしょう。

 

 

 

 

 

 

小さなことにカッカしていた自分に気づけます。

 

 

 

 

 

 

そして、理性と自制心を取り戻せるはずです。

 

 

 

 

 

 

たとえ相手に非があったとしても、できるだけ責めないようにします。

 

 

 

 

 

 

むしろ寛大な一言を言える余裕を持ちたい。

 

 

 

 

 

 

『私は大丈夫です』

 

 

 

『気にしないでください』

 

 

 

『人間ですから、そういうこともありますよ』

 

 

 

 

 

 

誰もが怒るような出来事を、すんなり許せると『何て穏やかな人なん

 

だろう』と相手は驚くでしょう。

 

 

 

 

 

 

寛大で優しい言葉をかけると、良好な人間関係を保てます。

 

 

 

 

 

 

腹立たしい出来事があっても、常に冷静を心がけ、理性と自制心を

 

失わないよう注意します。

 

 

 

 

 

 

なかなかイライラが収まらないときは、冷静になる時間を作りたい。

 

 

 

 

 

 

一人になったり、時間をおいたりすれば、心を落ち着かせることが

 

できます。 

 

 

 

 

 

 

イライラしても怒らない。

 

 

 

 

 

 

ムカムカしても、しかめ面をしない。

 

 

 

 

 

 

演技であってもいいんです。

 

 

 

 

 

 

最初は演技であっても、何度か繰り返していくうちに、だんだん心の

 

器が大きくなっていきます。

 

 

 

 

 

 

たとえ大きな迷惑を受けたとしても、ニコニコした表情で、気前よく

 

許す心を持ちたい。

 

 

 

 

 

 

意識すればするほど、感情を抑える力が高まり、寛大な優しさを

 

発揮できるようになります。

 

 

 

 

 

 

人に優しく接することで、自然と穏やかな雰囲気が出て、多くの人

 

から愛されるんです。

 

 

 

 

 

 

私も一人の人間です。

 

 

 

 

 

 

短気な一面があり、感情に負けることもにあります。

 

 

 

 

 

 

でも、昔に比べればだいぶ角が取れたと感じます。

 

 

 

 

 

 

穏やかな人になることは難しいことですが、喜怒哀楽をうまく表現

 

できる人にはなれるはずです。

 

 

 

 

 

 

日々精進ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

        『喜んでほしいって気持ちが

 

                   あなたを優しくさせる』

 

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』

 

 

 

ペタしてね