『プライド』 | 四神のブログ

四神のブログ

あなたは、今 幸せですか。。。
あなたが幸せになれるよう、お手伝いさせて下さい。

 

 

 

素直な人になるために、捨てておきたいものがあります。






プライドです。






もちろんプライドなら、何でも捨てていいわけではありません。

 

 

 



たとえば、仕事に関するプライドなら必要でしょう。






品質を保つプライド。



仕事を最後までやり遂げるプライド。



一つの方法を突き詰めるプライド。



納期を守るプライド。






仕事の質を高めるプライドなら、ビジネスに役立つため、上司にも

 

お客様にも喜ばれるでしょう。

 




しかし、こうしたプライドに『頑固』が加わると、事情が変わります。






『質問するのは、自分のプライドが許さない』



『人に手伝ってもらうなんて、自分のプライドが許さない』



『昔の成功例にこだわって仕事をしたい』



『引き受けた仕事は、何が何でも最後までやり遂げる』






完璧主義者によくありがちなパターンです。






責任感のある素晴らしいプライドですが、その一方で、頑固なプライ

 

ドとも言えるでしょう。






プライドを持つのはいいですが、頑固が加わるのはよくありません。






プライドに頑固が加わると、ポジティブよりネガティブに働くように

 

なります。






仕事が未完成になったり、納期に遅れたり、周りに迷惑をかけたり

 

するリスクが高まります。






自分のプライドに固執したせいで、かえって仕事の質を低下させる

 

ことにもなりかねません。






いくらプライドとはいえ、人に迷惑をかけるほど頑固なプライドは

 

余計です。






心がけるべきは『頑固なプライド』ではなく『素直なプライド』です。






プライドは持つのはいいですが、頑固は捨てて、素直を取り入れ

 

ましょう。






一人でできそうにないなら、素直に人の協力を仰ぐ。



自分で調べて分からないことがあれば、素直に人に聞く。



昔の成功例にこだわらず、新しい方法にも関心を向けてみる。



どうしても仕事が間に合いそうになければ、早めに連絡を入れる。






頑固を捨てて素直になれば、仕事がスムーズに進むようになり

 

ます。






あなたが大切にしているプライドは、どちらでしょうか。






頑固なプライドでしょうか。



素直なプライドでしょうか。






持つなら『頑固なプライド』ではなく『素直なプライド』です。






頑固なプライドを持っているなら、頑固を捨てて、素直になりましょう。






時には見栄も体裁も捨て、面目を失う気持ちになることも大切です。






恥をかく覚悟ができれば、フットワークが軽くなります。






体だけでなく心も軽くなり、一段と素直な気持ちになれるでしょう。






恥をかく覚悟が決まることで、自分の限界を超えた仕事ができるよう

 

になるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

       『お互いを 信頼する

 

               そこに プライドはいらない』

 

 

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』

 

 

 

ペタしてね