『上品な人、、、4』 | 四神のブログ

四神のブログ

あなたは、今 幸せですか。。。
あなたが幸せになれるよう、お手伝いさせて下さい。

 

 

 

上品な人になるためには、余計な音に注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

歩くとき『バタバタ』と音を立てていませんか。

 

 

 

ドアを閉めるときも『バタン』と音を立てていませんか。

 

 

 

食べるときも『クチャクチャ』と音を立てていませんか。

 

 

 

カトラリーを扱うとき『ガチャガチャ』と音を立てていませんか。

 

 

 

スプーンでスープを飲むとき『ズルズル』と音を立てませんか。

 

 

 

テーブルの椅子を戻すとき『ギギギッ』と引きずっていませんか。

 

 

 

 

 

 

もちろんある程度の音が出るのは許容範囲です。

 

 

 

 

 

 

ドアを閉めたりカトラリーを扱ったりするときなど、わずかに音が出る

 

のは仕方ないでしょう。

 

 

 

 

 

 

しかし、できるだけ音が出ないように配慮することならできるはず

 

です。

 

 

 

 

 

 

音はデリケートです。

 

 

 

 

 

 

大きな音が立つのは『乱暴に扱っている』という証拠です。

 

 

 

 

 

 

がさつで野蛮な印象が出てしまい、品性の低下を招きます。

 

 

 

 

 

 

大きな音を立てると、周りの人を驚かせたり、不快感を与えたりする

 

こともあるでしょう。

 

 

 

 

 

 

音は目に見えませんが、その人の印象に大きく影響します。

 

 

 

 

 

 

おそばを食べるときなど、音を立てることが許容されているケースを

 

除き、基本的に音を立てないように配慮するのが正解です。

 

 

 

 

 

 

丁寧に扱っていれば、余計な音は立ちません。

 

 

 

 

 

 

上品な人になるためには、できるだけ余計な音を立てないように

 

注意することが大切です。

 

 

 

 

 

 

歩くとき『バタバタ』と音を立てず、静かに歩きましょう。

 

 

 

 

 

 

急いでいるときは、大股になって歩けば、静かに素早く移動でき

 

ます。

 

 

 

 

 

 

ドアを閉めるとき『バタン』と音を立てないように注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

ゆっくりドアを動かせば、静かに閉めることができます。

 

 

 

 

 

 

食べるときも『クチャクチャ』ではなく『モグモグ』食べましょう。

 

 

 

 

 

 

口を閉じながらそしゃくすれば、静かに食べることができます。

 

 

 

 

 

 

カトラリーを扱うとき『カチャカチャ』と音を立てないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

少し音が立つのは仕方ありませんが、丁寧にカトラリーを扱えば、

 

小さな音で済むはずです。

 

 

 

 

 

 

スプーンでスープを飲むとき『ズルズル』と音を立てません。

 

 

 

 

 

 

空気が含まないように飲めば、静かにスープをいただけます。

 

 

 

 

 

 

テーブルの椅子を戻すとき「ぎぎぎ」と引きずらないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

椅子を少し持ち上げれば、静かに移動させることができます。

 

 

 

 

 

 

音をゼロにすることはできなくても、小さくすることならできるはず

 

です。

 

 

 

 

 

 

音が立たない配慮ができるから上品です。

 

 

 

 

 

 

がさつな振る舞いから、生まれや育ちまで見えてしまいます。

 

 

 

 

 

 

音が大きすぎて品格を下げることはあっても、小さくて品格を下げる

 

ことはありません。

 

 

 

 

 

 

余計な音を立てないように注意することで、上品な人になれるん

 

です。

 

 

 

 

 

 

物を粗末に投げるのも同じです。

 

 

 

 

 

 

注意しないといけませんね。

 

※ カトラリーとは、ナイフ、フォーク、スプーンを総称します。

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

       『何があっても いつかは笑える

 

               そんな 人生であってほしい』

 

 

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』

 

 

 

ペタしてね