『豚に真珠』 | 四神のブログ

四神のブログ

あなたは、今 幸せですか。。。
あなたが幸せになれるよう、お手伝いさせて下さい。


テーマ:

 

 

 

好きな人の前では輝いた自分を見てもらいたいと思うのは、当然の

 

ことです。






美しくお化粧したり、かわいい洋服やかっこいい服を着たり、ブランドの

 

バッグを持ったりなどです。






もっと自分のことを見つめてもらいたいと思うことは、人間なら誰しも

 

思うことです。






しかし、それらは『外見的な魅力』であって、二次的な魅力にすぎま

 

せん。






本当の魅力は『内面的な魅力』から生まれます。






内面があって、初めて外見にも影響します。






内面がしっかりしていないと、外に表れる話し方がおかしかったり、

 

また、話す内容にも幼稚さがうかがえたりします。






内面を磨かずに外見だけを磨こうとしているのは『豚に真珠』になろう

 

としていることと同じなんです。






日本のことわざに『豚に真珠』という言葉があります。






この、ことわざが現代にどう反映しているかは不明ですが、『どんなに

 

価値のある品物でも、その価値が分からない人が持てば、無駄であ

 

る』という意味です。






『内面的な魅力』と『外見的な魅力』が、釣り合っていないということ

 

です。






真珠を身につけて着飾っている豚には『なんて自分は美しいのだろう。

 

 

 

 

 

 

価値のある存在なのだろう』と自分に酔っています。






しかし、見る人から見れば、その内面と外見の不釣り合いは一発で

 

分かってしまいます。






内面的に劣っている人は、外見ばかりを磨くことが自分の魅力を上げ

 

ていると思い込んでいるんです。






自分の内面的な魅力を一切磨かず、外見を飾るブランド品ばかりを

 

買い集める人がいます。






自分の内面が、外見に負けてしまっている状態です。






高級ブランドが悪いと言っているのではありません。






身の丈に合っていない格好が不自然と言いたいんです。



真珠を着飾った豚の周りには、同じく真珠を着飾った豚たちが集まり

 

ます。






内面的に魅力がなく、外見を第一に考えている人は、関係を持つ人も

 

同じような人たちばかりになってしまうんです。








いつもありがとうございます。

感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

        『見栄を張っても 着飾っても   

                  心が汚れてたら 光らない』

 

 

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』

 

 

 

ペタしてね

 

 

 

 

霊能者・スピリチュアルカウンセラー 和頼さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ