アルキメデス | 四神のブログ

四神のブログ

あなたは、今 幸せですか。。。
あなたが幸せになれるよう、お手伝いさせて下さい。


テーマ:

 

 

『アルキメデスの原理』という言葉をご存知ですか。

 

 

 

 

 

 

『流体の中で静止している物体は、それが押しのけた液体に働く重力

 

と同じ浮力を受ける』という内容です。

 

 

 

 

 

 

この原理を発見するきっかけになった、有名なエピソードがあります。

 

 

 

 

 

 

紀元前220年ごろ、ギリシアの王様が、王冠を作る計画をしました。

 

 

 

 

 

 

金細工師に金を渡し、純金の王冠を作るよう命じました。

 

 

 

 

 

 

ところが、王冠を作って王様に渡した後、事件が起こりました。

 

 

 

 

 

 

『金細工師は、金に混ぜ物をして、王様から預かった金の一部を盗ん

 

だ』という噂が広まったのです。

 

 

 

 

 

 

疑った王様は、当時最も優秀な物理学者の一人であるアルキメデス

 

に、検証を依頼しました。

 

 

 

 

 

 

王冠を壊さずに混ぜ物がしてあるかを調べるのは、当時は大変困難

 

でした。

 

 

 

 

 

 

アルキメデスは、何日間も風呂にも入らず、方法をずっと考え続けて

 

いました。

 

 

 

 

 

 

没頭する様子がひどかったため、見かねた妻はアルキメデスに『気晴

 

らしに風呂屋に行けばどう』と促しました。

 

 

 

 

 

 

アルキメデスは、妻の言うことを素直に聞き、風呂屋に向かいました。

 

 

 

 

 

 

風呂に入ったとき、湯船から水が溢れるのを見て、原理のヒントを

 

発見したんです。

 

 

 

 

 

 

さて、この話から得られる教訓は何でしょうか。

 

 

 

 

 

 

『物事は諦めなければ、達成できる』ということでしょうか。

 

 

 

 

 

 

いいえ、違います。

 

 

 

 

 

 

『行き詰まったときは、他人の助言を素直に聞く』ということです。

 

 

 

 

 

 

アルキメデスは、妻の助言を素直に聞いたから、原理のヒントを発見

 

できました。

 

 

 

 

 

 

行き詰まっているときは、視野が狭くなり、考えも偏っている状態です。

 

 

 

 

 

 

『他人の声は邪魔になる』と思うでしょうが、素直に聞いたほうがいい

 

でしょう。

 

 

 

 

 

 

行き詰まったときに他人の助言を素直に聞けば、アルキメデスのよう

 

に、突破口を見いだす可能性があるんです。

 

 

 

 

 

 

さて、余談ですが『アルキメデスの原理』を使って王冠を検証した

 

結果、混ぜ物がしてあると判明しました。

 

 

 

 

 

 

混ぜられていたのは、銀でした。

 

 

 

 

 

 

金細工師は、死刑になりました。

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

感謝

 

 

 

 

 

 

 

        あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』

 

 

 

ペタしてね

 

 

 

 

霊能者・スピリチュアルカウンセラー 和頼さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス