弱い人 | 四神のブログ

四神のブログ

あなたは、今 幸せですか。。。
あなたが幸せになれるよう、お手伝いさせて下さい。


テーマ:

 

 

弱い人は、弱くありません。

 

 

 

 

 

 

確かに表向きは弱く見えるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

体が痩せ細っている。

 

 

 

 

 

 

気力が不足している。

 

 

 

 

 

 

精神状態が安定しない。

 

 

 

 

 

 

しかし、弱いところばかりで強いところが1つもないと思っているなら

 

誤解です。

 

 

 

 

 

 

弱い人には、弱い人ならではの強みがあります。

 

 

 

 

 

 

『弱い人ほど、弱い人の気持ちが分かる』という強みです。

 

 

 

 

 

 

一言で『弱さ』と言っても種類はさまざまですが『弱いことに悩んで

 

いる』という点は共通です。

 

 

 

 

 

 

心の弱い人がいるとします。

 

 

 

 

 

 

心配性であること、臆病者であること、恥ずかしがり屋であること。

 

 

 

 

 

 

心が動揺しやすいこと、落ち込みやすいこと、くよくよしやすいこと。

 

 

 

 

 

 

心が弱いなら、心が弱い人の気持ちが分かるようになるでしょう。

 

 

 

 

 

 

弱さの種類が同じなら、自分のことのように思え、共感しながら聞い

 

たり話したりできるはずです。

 

 

 

 

 

 

体が弱い人がいるとします。

 

 

 

 

 

 

体力がないこと、疲れやすいこと、風邪を引きやすいこと。

 

 

 

 

 

 

胃腸が弱いこと、貧血気味であること、体が痩せ細っていること。

 

 

 

 

 

 

体の障害も、種類によっては肉体的な弱さに関係することもあります。

 

 

 

 

 

 

体が弱いなら、体が弱い人の気持ちが分かるようになるでしょう。

 

 

 

 

 

 

弱さの種類は違っても、相通じるところがあります。

 

 

 

 

 

 

弱い人は、弱い人の気持ちにより添いましょう。

 

 

 

 

 

 

弱い人には『弱い人の気持ちが理解できる』という重要な強みがあり

 

ます。

 

 

 

 

 

 

弱い人だからこそ、弱い人と共感できたり励ましたりできます。

 

 

 

 

 

 

弱い人を癒せるのは、弱い人の仕事です。

 

 

 

 

 

 

たった一言でも寄り添う言葉をかけると、相手は救われます。

 

 

 

 

 

 

『実は私も同じです』

 

 

 

 

 

 

『気持ちは理解できます』

 

 

 

 

 

 

『大変だったでしょう』

 

 

 

 

 

 

強い人が言うのと弱い人が言うのとでは、言葉の重みも深みも違い

 

ます。

 

 

 

 

 

 

弱い者同士だからこそ、優しい一言が心によく響くんです。

 

 

 

 

 

 

弱いことばかり嘆くのではありません。

 

 

 

 

 

 

弱い自分にある素晴らしい魅力に気づいてください。

 

 

 

 

 

 

弱い人の気持ちに寄り添って救えるのは、弱い人のほうが圧倒的に

 

有利です。

 

 

 

 

 

 

弱い人の言葉だからこそ、弱い人は救われます。

 

 

 

 

 

 

弱い人を救うのは、弱い人に与えられた使命かもしれません。

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

感謝

 

 

 

 

 

 

       『寝転んでいるのに 飽きたら

 

                     また 歩き出せばいい』

 

 

 

 

 

 

       あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』

 

 

 

ペタしてね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

霊能者・スピリチュアルカウンセラー 和頼さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス