不動の心 | 四神のブログ

四神のブログ

あなたは、今 幸せですか。。。
あなたが幸せになれるよう、お手伝いさせて下さい。


テーマ:

 

 

『速く働く心は病んでいる。ゆっくり働く心は健全である。不動の心は

 

神聖である』




哲学者、メヘル・バーバーが言った言葉の真意は『問題は心にある』

 

ということです。




心に問題があれば、現実面においてもトラブルが発生します。




心が健全であれば、現実面は安定します。




問題は、常に心にあると考えることです。




満月の夜、波のない湖には、鏡のように月が綺麗に反射します。




まったく波立っていない水面だからこそできます。




少しでも波が立てば、反射はうまくいかなくなります。




日常では、人と考え方がぶつかり、イライラすることがあります。




イライラしているときには、相手をしっかり見ることができません。




見ているようでも、実は見えていません。




 

波立つ湖の水面が月の姿をうまく反射できていないように、相手を

 

うまく見ることができていない状態です。




腹が立っている状態では、相手の事情を考える余裕はありません。




相手を責める一方で、言い争いはさらに激化するでしょう。




イライラする心に問題があります。




しかし、目をつぶって深呼吸をしてみましょう。




イライラしている自分を落ち着かせることができれば、状況は一転

 

します。




相手の事情を考えたり、解決策を考えたりする余裕が生まれます。




心の波が穏やかになります。




落ち着いているからこそ、冷静に人や状況を把握する余裕が生まれ、

 

解決の糸口を見いだすことができます。




波が穏やかになるほど、湖は月の光をうまく反射させることができる

 

ようになります。




しかし、まだこれでは完全とは言えません。




さらに、もう一歩踏み込んだ理想があります。




それが『不動の心』です。




不動の心とは、気持ちが完全に安定しているということです。




まったく動かない心に『イライラ』という文字はありません。




イライラすることがなければ、そもそも喧嘩も発生しません。




まったく波のない湖になることです。




一切の波がない完璧な水面は、綺麗に月の姿を映し出すことができ

 

ます。




トゲのある相手の発言に反応することがなければ、そもそもイライラ

 

することはありません。




しっかり自分と相手の状況を見ることができます。




どんなことにも動じない心を持ったとき、本当の落ち着き、真のリラッ

 

クスを体験できます。




これこそ、私たちが目指すべき『不動の心』です。




スローライフは、単に生活をゆっくりさせようという『物理的な話』では

 

ありません。




心を落ち着かせ、不動の心を目指す『精神的な話』です。





いつもありがとうございます。

感謝

 

 

 

 

 

 

 

       あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』

 

 

 

ペタしてね