生霊 | 四神のブログ

四神のブログ

あなたは、今 幸せですか。。。
あなたが幸せになれるよう、お手伝いさせて下さい。


テーマ:

 

 

なぜか、この時期になると、こんな質問が多く寄せられます。

 

 

 

 

皆様は、生霊という言葉を聞いたことがあると思います。




最近、この生霊についてのご質問やご相談が多くがありましたので、

 

以前掲載した記事に付け加えたいと思います。




一般的に『霊』と言うと亡くなった方の霊魂をイメージするかもしれま

 

せんが、この死者の霊を死霊(しりょう)と言うのに対し、生きている方

 

の霊魂が肉体を離れて飛び回るものを生霊と言います。




『いきりょう』のほかに『せいれい』『いきすだま』などと読むこともあり

 

ます。




死霊と同じように、生霊も何らかの強い念を抱いていると現世に対して

 

影響を及ぼすことがあり、これが霊障となって人を悩ませる原因となり

 

ます。





実はこの生霊が飛ぶという現象は日常的なもので、憎悪や嫉妬などの

 

負の感情だけでなく、誰かを恋しいと思う恋慕の情や、故郷に帰りたい

 

という感情など、何らかの強い感情を念じると無意識のうちに霊魂が

 

生霊となって感情の向かう先の人物や土地に飛んで行きます。




場合によっては生霊がそのまま相手の人物に取り憑いてしまったり

 

することもあります。




何かを考えながら行動をしている時に、目を開けていたのに意識が

 

飛び気がつくと時間が経っていたという経験や、足を運んでいない

 

場所で知人に目撃されたりした経験はありませんか。




もしあれば、それが生霊を飛ばした結果だと考えて間違いありません。




夢の中でも同じようなことが繰り返されているのですが、、、




このように生霊を飛ばすという行為は日常的によく起こることですから

 

生霊を飛ばしたからといって心配は不要です。





しかし、あまりにも強い情念によって生霊を飛ばし続けると、飛ばした

 

先で生霊が人に取り憑いて危害を加えたり、また大きな力を飛ばして

 

しまい身体の側が「抜け殻」のようになってしまったりするなどの問題

 

が生じてきます。




このような生霊はもはや怨霊と表現するのが適切であって、飛ばされ

 

た側も飛ばした側もどちらもその霊障により不幸になることが多いよう

 

です。




生霊は、本人の意志とは別に生霊としての魂を持ちます。




つまり、生霊となった魂は、本人の意志とは別に勝手に行動をする

 

と言うことになります。




それが嫉妬や恨みであれば、死霊以上の苦しみとなって相手に憑依

 

してしまいます。




しかし、飛ばした本人はあまり気付いていないことが多いようです。




ここが、生き霊の怖い部分なんですね。。。

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

感謝

 

 

 

       あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』

 

 

 

ペタしてね

 

 

 

 

霊能者・スピリチュアルカウンセラー 和頼さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス