名案はギリギリで、、、 | 四神のブログ

四神のブログ

あなたは、今 幸せですか。。。
あなたが幸せになれるよう、お手伝いさせて下さい。


テーマ:

 

 

名案が浮かぶのは、どのようなタイミングでしょうか。

 

 

 

リラックスしているときに名案が思い浮かぶと言いたいところですが、

 

現実は違います。

 

 

 

リラックスしているときには、心も体も落ち着いて、アイデアが出やすい

 

状態のように思えます。

 

 

 

しかし、頭の回転まで穏やかになっている状態のため、なかなか鋭い

 

名案は思い浮かびません。

 

 

 

私たちは、リラックスして物事を考えようとしても、難しい。

 

 

 

先に眠くなります。

 

 

 

それに落ち着きすぎていると、古い慣習や常識などを優先してしまい、

 

保守的な考えしか浮かばなくなります。

 

 

 

時間も十分にあれば気持ちが緩み、なかなか勢いがつきません。

 

 

 

名案は『ギリギリの状態』で浮かびます。

 

 

 

条件が悪かったり時間が少なかったりする場合には、頭が高速回転

 

で回ります。

 

 

 

能力以上の能力を発揮するのは、常に悪い条件のときです。

 

 

 

必死になっているときは常識や慣習を超えた発想をしやすいため、

 

思わぬ名案が浮かびやすいです。

 

 

 

しかもテンションも高くなっているので、次々と思い浮かびます。

 

 

 

有名作家は、締め切りに追われるのが常です。

 

 

 

しかし、実は、締め切りに追われたから名案が浮かび、有名になり

 

ました。

 

 

 

手塚治虫や赤塚不二夫も締め切りに追われたから、常識や慣習を

 

破った発想やアイデアを量産できました。

 

 

 

往々にして、そういうものです。

 

 

 

自分をわざとギリギリの状態に持っていくことは、時に必要です。

 

 

 

悪条件と思えても、実は好条件です。

 

 

 

本来以上の能力を発揮できるんです。

 

 

 

ここでも、20パーセントの余裕が必要になりますね。

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

感謝

 

 

 

 

 

 

       あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』

 

 

 

ペタしてね

 

 

 

 

霊能者・スピリチュアルカウンセラー 和頼さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス