尊敬される人 | 四神のブログ

四神のブログ

あなたは、今 幸せですか。。。
あなたが幸せになれるよう、お手伝いさせて下さい。


テーマ:

 

尊敬される人は、偉そうな態度とは無縁です。

 

 

 

嫌われる人は『年齢や立場が高いなら、偉そうな態度でもいいだろう』

 

という慢心が目立ちます。

 

 

 

『能力が高いのは事実なのだから、自慢してもいいよね』

 

 

 

『激しい競争に勝ち抜いた地位だから、少しは横柄に振る舞っても

 

よいだろう』

 

 

 

『頑張って身につけたスキルなのだから、偉そうな態度を見せて

 

何が悪い?』

 

 

 

確かに苦労して得たものが大きければ大きいほど、偉そうにしたい

 

気持ちも出てくるでしょう。

 

 

 

他の人より優れているのが事実なら、少しは威張りたい気持ちも出て

 

くるはずです。

 

 

 

ここが落とし穴です。

 

 

 

年齢や立場が高いから、偉そうな発言をしてもいいわけではありま

 

せん。

 

 

 

レベルの高いスキルを身につけているから、横柄になっていいわけ

 

でもありません。

 

 

 

偉そうな態度は、相手を見下しているのと同じ行為

 

 

 

相手を見下している時点で、尊敬される態度ではありません。

 

 

 

『そんなことも分からないの?』

 

 

『これくらい猿でもできるでしょう』

 

 

『あなたには難しすぎてできないよね』

 

 

 

偉そうなことを言われると、誰でもむっとするでしょう。

 

 

 

本音だとしても、相手を不快にさせる言葉は不適切です。

 

 

 

偉そうな態度をしているかぎり、どれだけ実力や実績があろうと、

 

周りから嫌なことを言われます。

 

 

 

『偉い人なのかもしれないけど、感じが悪い』

 

 

『立派な人かもしれないけど、ああはなりたくないね』

 

 

『すごい人かもしれないけど、いい人とは言えないよね』

 

 

 

高い評価はあっても、きちんと正しく評価されなくなります。

 

 

 

たとえ実力や実績は素晴らしくても、慢心して向上の努力をしなく

 

なれば、右下がりしかありません。

 

 

 

その実力や立場を長く保てなくなり、いずれ衰退の道をたどることに

 

なるでしょう。

 

 

 

尊敬される人に目立つのは『謙虚』と『低姿勢』です。

 

 

 

どんなときも偉ぶらず、へりくだった態度を心がけます。

 

 

 

いつも腰を低くして、自分を目立たせる行為は避けようとします。

 

 

 

相手が年下であっても、丁寧な態度と言葉遣いを忘れません。

 

 

 

自分より立場の低い人の前でも、へりくだった態度は同じです。

 

 

 

どれだけ自分のスキルが高くても『世の中にはもっとすごい人がいる』

 

と考え、さらに上を目指そうとします。

 

 

 

どれだけ周りから称賛を浴びても、それにおごることなく、腰を低く

 

しています。

 

 

 

謙虚と低姿勢は、人を心地よくさせることはあっても、不快にさせる

 

ことはありません。

 

 

 

謙虚と低姿勢は、好印象に変わり『いい人だね。すごい人だね』と

 

尊敬されていきます。

 

 

 

尊敬される人は、謙虚と低姿勢が当たり前になっているんです。

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペタしてね

 

 

 

 

霊能者・スピリチュアルカウンセラー 和頼さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス