サッシ付近にも雨漏りの原因が見つかる場合も少なくありません。この日も念のためサッシ部材内で発生した結露水などを排出するための水抜き穴も確認したところです。
この穴の本来の目的は結露水を排出したいのだと思いますが、ガラス廻りのビート材の劣化に伴い雨水が部材内に浸入した場合などは雨水の排出にも有効のようです。

何故かこの大事な役割の穴は全てのサッシに必ずあるという訳ではありません。
雨水が入り込んだことを考えるとちょっとこわいですよね。だって、サッシの接合部は工場での止水処理が施されているとはいえど経年の挙動などで歪んだりして隙間が発生している場合もあるのですから。