「屋根と壁の間にあるもの」

片勾配屋根(水上側)の壁側に水切り金物が有り、壁の上部端末にも水切り金物が有り、水切り同士が重なり合っていました。
一見、無駄にも見えます。一つの水切りで双方の役割を持たせることは可能だと思います。コストだけを考えた場合おそらくそういった選択も成り立つことでしょう。

しかし、この納まりには小屋裏通気という建物の寿命をも左右する大事な役割が隠されています。
今回はこの水切り金物の上下に雨漏りの原因が見つかったため改善作業を実施しました。

ともすれば、水切り間の隙間にシーリングを打設するパターンを選択する人もいるでしょう。
雨漏りを改善させることを最優先することで建物の寿命を短くしたのでは本末転倒です。

通気を確保したうえで雨漏りを改善させることが要求されます。