今夜も梅雨らしい雨が降り続いています。朝方には止むような予報ではありますが本当に当たるかどうかは怪しい限りであります。何せ、今朝の予報では午前中は降らない事になっていたにもかかわらず玄関出たら降ってましたから。

この時期の予報は難しいと言いますがその日の天気予報の確率くらいは100%と言ってほしいですよね。気象庁はスーパーコンピューターを導入運用していると聞いています。それでもこの程度の確率しか導き出せないのか、それとも過去のデータを活用し切れてないのか私達には分かりかねますがとにかくもっと頑張ってね。クレームは期待の裏返しですよ。

分かってますよ。工事が進まないのは天気のせいで予報のせいではないということぐらい。まぁ、人間ごときが自然を読み解くなんておこがましいのかもしれませんな。

梅雨空や そんな苦労は つゆ知らず