【愛するやまと言葉】


教え導くとはどんなことを言うのでしょう




【教えるの語源とは】

「教える」の語源は教える者の心のありようだという。

「教える」の「オシエ」は

愛惜しむの「ヲシ(愛惜)」に接尾辞の「へ」がついたもので、



愛おしい心で相手を見て導くことだという。




この世の役割はみんな違う目の前に起きる良し悪しは私たちの心が決めている事。



「教えてもらう」ことは、
教える側の愛に触れることであり



そこに尊敬や感謝の念が生じてくるのかもしれませんね。




今日は新潟古事記塾で一緒に学べて幸せです。







ー絵は東近江古事記塾田中喜代子さんー