これを作ると癒される〜

テーマ:


(写真は私のタケボッコちゃん)

竹布の人形を作るワークショップがあります。
生まれた人形はタケボッコちゃんといいます。


竹布の製品を作る上で出たB級品を、
板橋にある某授産所で加工してもらうのです。


授産ではそれぞれ自分の特性に合った仕事を分業します。まず、竹布製品を解く作業から始まります。
全カバーシーツから少しの無駄も出ない様にニッパーでファスナーを外す。

 靴下から胴体を作りだす。

足の股のところが破れないよ、何枚も不織布をかえて試して自分たちが工夫して力布をつける。


腕はなるべく同じ靴下から両腕を切り出す。
そして必ず一対にして作業をする。

顔になる頭部はひとり自閉症の女の子が作る。
直径6センチの完全な球になるように巻いていくのだ。重さも直径も完璧に揃える事が出来る。
それはまるで神業としかいいようがない。


そして施設の人と一緒に竹布の会社へ納品にくる。その姿は和かで屈託がない。

竹布の相田社長から前回作ってものを皆さんがどんなに喜んでタケボッコちゃんに生み出したのかを聞いて、喜んでまた仕事に取り組む。

授産所の皆さんの愛と神業が詰まっているキットを私達が形にしていく時間は、人形を作る時間というよりはその愛を受け取り感じる時間なのです。
竹布が持っている抗菌作用をはじめとする様々な特徴を、感じながら、原先生が優しく教えてくださる時間を笑いながら共有しているうちに、作り手とタケボッコちゃんは会話を始めるどんどん個性を発揮してきます。

そしてまだ目鼻もついていない段階から何度も、可愛い〜と発してしまいます。

その時間は愛おしいく、


まるでもう一度子育てをさせてもらえるかのようです。

































使われてない布が生かされて、 授産所の皆さんが生き生き仕事が出来て、 作らせていただくわたし達の時間も和やかね心になり タケボッコちゃんは可愛い。 タケボッコちゃんを作ると自分から幸せの循環が起きる。 良かったら次回参加しませんか? 作りたい方はメッセージを下さい。 日本中どこでも作れますよ〜。 ちかくをご案内致します。 [お申し込み・お問い合わせ] エステルームパセオ仙台店 TEL:022-262-7027 FAX:022-262-7029 paseo-ekimae@feel.ocn.ne.jp お待ち致しております。 感謝