石田圭吾のメガバスブログ

石田圭吾のメガバスブログ

Megabassプロスタッフ 石田圭吾のblog

温暖な地域で有名なこちら浜松ですが、朝晩と日中の気温差があり過ぎるせいか全く絞れない日が続いています。

 

秋と言えば巻き物で手っ取り早く、広範囲を探りながら拾って行きたい所ですが、季節の変わり目の秋は一筋縄では行かないのが現実といった所。

 

そんなコンディションですが、やはり外せないのはバイブレーション!

 

 

確信がなくても信じて巻き続ければ、答えが返ってくる季節でもあります…笑

 

しかし、単に巻く訳ではなく、VIBRATION-X NANOで水面直下や1〜2mシャロー、VIBRATION-X DYNAで2m~ボトム周辺のレンジを丁寧刻みながら、魚がどのレンジを意識しているかを確認する事が大事です。

 

レンジを下げ、ダイナで水深のあるエリアを探るとサイズは落ち、このサイズがポロポロ・・・。

 

 

これはこれで秋って感じで楽しいですけどね!

 

思っていた程、季節が進行している訳ではなく、11月後半に差し掛かっても、まだまだ中層より上のラインで勝負出来る模様。

シャローのフィーディングで上がって来そうな、ハードボトムが絡むエリアをZ2でコツコツ叩きながら、半ばリアクションに近い形でも反応あり!

 

 

Z1はロールアクションなのでアピールは強いですがボトムを拾い易いので、水深次第ですがボトムノックさせたい時はウォブリングが強いZ2がオススメです!

 

しかし、アクションの異なるルアーを通しても、極端にサイズアップが見込めないのが秋。

巻いて釣れて楽しい反面、悩まされております・・・。

 

ある程度状況を把握したものの、冬に意識が行き過ぎ準備不足の為、日を改めガッツリ秋の展開を想定しSV-3をチョイス!

 

 

あいにくの空模様でもありましたが、秋の雨は極端に冷え込まない限り、気圧も変わり良い方に転じる事も多々あります。

 

アプローチは岸際のシャローに絞り、ブレードの明滅が目視出来るレンジをキープし、一段下のブレイクから食い上げバイトに期待!

 

 

狙い通りの引ったくりバイト!!

恵みの雨に助けられた形ですが、久しぶりのGOODサイズ!

 

朝晩の冷え込みと、日中の気温は20℃。

魚にとって決して環境がベストな状況ではありませんが、絞りきれない日がまだまだ続くと思われます。

 

 

水温を測ると15℃

 

ここから徐々に冬を迎える訳ですが、10℃台ならまだまだ巻きの釣りで狙っていける範囲内!

それが今回の様にスピナーベイトなのかバイブレーションなのか、狙うレンジも地域によって様々。

いつもと違う雰囲気や違和感を感じたら、あえてレンジを上げてみる事も大切です!


 

なかなか難しいこの時期の攻略にぜひ参考にしてください。