本日は技術メニュー提案のためのサロンワークついて解説していきます


テーマは事前準備の中の『ロープレ』について説明致します‼️


ロールプレイング(ロープレ)とはスタッフ役とお客様役を設定し、ロール(役割)をプレイ(演じる)ことです。


私が見るロープレはいつも良いお客様だなーと感じます。さすがに全て「Yes」で答えて下さる方は滅多にいないでしょう😅


ロープレをする上で必要なことは

1.ゴールを設定すること

2.役割・設定・場面を明確にすること

2.振り返りの時間を作ること


1.ゴールを設定すること

どんなにすごい方でも提案して受け入れてもらえる確率は3割です。

ちなみに野球界では1941年に4割の打率を出した選手から75年間誰1人打率4割を超えられていないそうですよ😱

提案する=失敗する

ことを前提に考えて、その中で何を伝え、お客様の中に何を残すのかというゴールを決めましょう!


2.役割・設定・場面を明確にすること

役割とは何を伝える人なのかということです。全て1人で提案するよりもまずは紹介する人、アプローチする人、クロージングする人など役割を決めましょう!

次にお客様の設定です。

お店によく来るお客様を出来るだけ再現すると良いです。1番わかりやすいのは本日来店されるお客様のカルテを見てロープレすることがイメージもつけやすいですね😊

場面とはカウンセリングブースなのか、シャンプー台なのか、お会計時なのか、1場面を切り取ってロープレを行いましょう!


3.振り返りの時間を作ること

ロープレをしている場面を見ると先輩と後輩がチームを組んでロープレをして、アドバイスしているケースが多いです。もちろんそれ自体は悪くないのですが、出た課題をみんなで共有したり、全員で1人のロープレを見て意見を出し合うことも大切です。


こうして色んな設定と場面、やり方を考えて定期的にロープレすることで提案力は身につきます!工夫してできるだけ回数を増やしましょう!

是非皆さんもロープレする時の参考にしてみてください‼️



次回は『技術メニュー提案の為のサロンワーク 快適空間づくり編』についてお伝えしていきますので、次週もお楽しみに(^-^)/

 

美容室・ヘアサロンの経営相談やセミナーはNew Tomorrow(ニュートゥモロー)


AD