そこには「愛」しかありません。


皆様、こんばんは。
緩和ケアアロマセラピスト
英国IFPA認定芦屋サテライト校
ステラ・マリス  佐々木恵子です



緩和病棟のアロマでも
お世話になっている芦屋病院では



毎月第一木曜日に
病院スタッフ&ボランティア
の皆さまでコンサートが開かれます



その名も
「ほのぼのコンサート」



入院中の患者様、
そのご家族、
通院中の患者様や、
かつて患者だった方も



毎回、沢山の方が参加されます。



今回から
パンフレットにアロマの香りを
着けさせて頂きました。



今日はぺパーミントです。


パンフレットと共に
病室にアロマの香りも
お持ち帰り頂けます。♡



このコンサートの主催者でもある
薬剤部の岡本先生のサックス🎷
による「愛の賛歌」


泣けました。。。



密かに
楽器を習うなら
私も絶対サックス🎷と
心に誓うほど。



また、
いつものメンバーの皆様に加え



先月から参加されている
こちらの皆様、


緩和病棟でも月に2回
演奏をされています ♬


毎月一度
60回以上続ける事は


やはり、
そこに「愛」がないと
出来ないと思うのです。



岡本先生は
患者様にも大人気で
最後には患者様から
握手を求められていました!



その岡本先生は
緩和ケアでのアロマも
大変ご理解頂き



いつも、
応援して下さるのです。



そして、
その岡本先生が
おっしゃってくださった、



「薬では
   患者様の悲しみややるせなさは
   治せないが、
   アロマにはそれが出来ている」



というこの言葉は



いつも私を支えて下さり
私の宝物となっています。



芦屋病院で
この岡本先生の元で
がん患者様にアロマケアが
出来る私達は



とても恵まれている、と思います



岡本先生の様に
患者様へのアロマの必要性を
感じて下さる先生ばかりだと
いいですね。