{946A5E67-0FD6-4224-9CF6-B9E239F98A2A}


NY大学リハビリテーション室の壁に書かれた有名な詩があります。





どこの誰が書いたのか
作者は不明ですが、



私も最後はこう思えたら、と
思わせる深い詩です。



題名は
「苦難にある者たちの告白」


=======================

大事を成そうとして
力を与えてほしいと神に求めたのに
慎み深く従順であるようにと
弱さを授かった。



より偉大な事ができるように
健康を求めたのに
よりよき事ができるようにと
病弱を与えられた。



幸せになろうとして
富をもとめたのに、
賢明であるようにと
貧困を授かった。



世の人々の賞賛を得ようとして
権力を求めたのに
神の前にひざまずくようにと
弱さを授かった。



人生を享受しようと
あらゆるものを求めたのに
あらゆることを喜べるように
命を授かった。



求めたものは一つとして
与えられたなかったが、




願いはすべて聞き届けられた。



神の意に
そわぬ者であるにもかかわらず
心の中の言い表せない祈りは
すべて叶えられた。



私はあらゆる人の中で



最も豊かに祝福されたのだ。

======================


こんな詩です。



もし、
病に悩む人がこれを書いているなら
病までお恵みとして
受け取る事が出来た、
という事なんでしょう。



私が病気になった時
そこまで悟れるかどうかは
分かりませんが、




求めた様には進まない事だらけ、
の日々、



でもやっぱり私も
豊かに祝福されている気がしてきました。



人生って
本当の自分の「願い」に
気づいて行く事なのでしょうか?



いつか
この壁を見に行きたいものですね。