{0B256B2A-2FF4-4119-A201-1EFA560248E3}

「先、行きましょか」



初めてアロマを受けられた患者様がトリートメントが始まってすぐ
そう言われたのです。



皆様、こんばんは。
緩和ケアアロマセラピスト
英国IFPA認定芦屋サテライト校
ステラ・マリス  佐々木恵子です



一か月ぶりの病院では
新しい患者様も増えていました。



初めてアロマケアを体験された
その方は、



足のトリートメントをご希望されましたが、



2、3回
ふくらはぎをエフルラージュすると
「先、行きましょか」



とおっしゃいました。



『え?え?え?』



一瞬、
頭の中、パニック❣️です❣️



『どういう意味⁉️』



『先に行く、って???』



アロマを受けて
気持ち良さそうに、目を閉じて



「気持ちがいいなぁー、
   寝てしまいそうだ」と
仰って下さったのですが、、、



暫くすると、また
「先、行きましょか」
と言われます。



『やめてほしい』
という意志表示でしょうか?



「そしたら、オイルだけ塗って
   終わりにしましょうね」と言うと



納得されたのか、
安心されたのか
「うん」と頷かれました。




初めてのアロマトリートメントが
嫌だったのでしょうか?



それとも
「昨日も眠れなかった」そうなので



お昼間に寝ると
また夜眠れなくなる、と
思われたからでしょうか?



どちらにせよ、



「やめて」とも
「もういい」とも言えなくて



出てきた言葉が、
「先、いきましょか」
だったのでしょうか?



何年やっていても
患者様が変われば全てが初体験。



まだまだ、未熟だなぁ。



今日は
そんなことをしみじみ感じた一日でした。