{C036752B-AC11-49DD-98D4-30C8D37CA3AD}

緩和病棟では、
色々なご夫婦にお会いします。
ご主人が患者さまのご夫婦と、
奥様が患者さまのご夫婦。



皆様、こんばんは。
緩和病棟アロマセラピスト
ウェルネス・アロマコーディネーター
佐々木 恵子です



緩和病棟では
今まで沢山のご夫婦にお会いしました。



女性の方が
やっぱり強いな、とよく感じますが、



色々なご夫婦に会うと
自分の最期を考えてしまいます。



私の最期に付き添ってくれるのは、
誰なんだろう。



なんて事も考えてしまいます。




そんな中



今日担当したのは患者様が奥様。



毎日、ご主人様は看病に
来られていらっしゃるようです。



今日のアロマのマッサージ中
ご主人が病室にいらっしゃらなかったので



「もう、帰ったのかしら?」



「どこに行ったのかしら?」



「電話してもいい?」



と気になってしょうがないご様子でした。



ちょうどアロマが終わる頃に
ご主人が病室に戻られた時



とても幸せそうで安心感一杯の笑顔で
ご主人をベッドから見上げていらっしゃいました。



あぁ、この方幸せな人生だったんだな。



きっと、
なくなる時も微笑みながら、
亡くなられるんだろうな。




なんて事を感じて
素敵だな、と羨ましくなりました。




生まれた時は、
全く知らない他人同士の夫婦。



でも、



共に病を闘い、
人生の最期を共に過ごす
大切な人に変わっていくんですね。