☆9月4週目の週間株トレード収支結果☆

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑い日が続くので、

 

 

本当にあった怖い話でも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、

 

 

今から十数年前、

 

 

とある男の身に起こった恐怖体験である

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とある男は、

 

 

男の友人である、友助(ともすけ)から、こんな相談をされた

 

 

 

 

 

 

 

 

友助「なんか、最近さぁ、自宅に変な奴から電話が掛かってくるんだよね・・・」

 

 

 

 

 

 

とある男「どんな?」

 

 

 

 

 

 

友助「それがさ、何度も同じ男から俺宛てに電話が掛かってくるんだけど、たまたま毎回俺が不在の時に掛かってくるから、どんな内容の電話なのかハッキリ分からなかったんだよね・・・」

 

 

 

 

 

 

とある男「じゃあ、別にそれが変な相手かどうかも分からんやろし」

 

 

 

 

 

 

友助「いや、変なんだよ。毎回母親が電話に出てるんだけど、俺が毎回電話に出れないもんだから、そいつ、とうとう俺の母親に伝言を残したんだよ」

 

 

 

 

 

 

とある男「ほう、どんな?」

 

 

 

 

 

 

友助「『僕は、友助君と同じ高校に通っていた、高一(こういち)と言います。実は友助君に伝えたい話がありまして、お電話させてもらいました。いつも留守なようなので、僕の携帯の番号をお伝えするので、そちらに折り返すよう、友助君に伝えて貰えますか?』ってのを、母親が相手に言われて、俺に回ってきたんだけどさ・・・」

 

 

 

 

 

とある男「ほう、同じ高校の友達からなんじゃん。母親にもちゃんと名乗って、自分の携帯番号も伝えて、別に電話の内容には変なとこは無いように思えるけど?」

 

 

 

 

 

友助「いやいやいやいや、相手の男が言うには、俺と同じ高校を卒業した男らしいんだけど、俺、そいつのこと知らねーんだよ。名前も聞いたことが無くてね、本当に同じ高校かも怪しいもんだし、本当に同じ高校だとしても、顔も思い浮かばなければ、話した記憶も皆無なんだよ・・・。何でそんな奴から頻繁に電話が掛かってこなけりゃいけないんだよ・・・」

 

 

 

 

 

とある男「ほう、それはちょっとおかしな方向に向かってきたな」

 

 

 

 

 

 

友助「それでさ、そんな奴全く知らないから、そいつの携帯には当然電話をかけずに放っておいたわけ。そしたら、懲りずにその後も家の電話に掛け続けるわけよ。最初の頃は、俺が家に居るときに掛かってきたら電話に出るつもりでいたんだけど、何だか怖くなってきて、途中から家に居ても、そいつからの電話って分かったら居留守を使うように母親に頼むようになってさ、とにかく、俺も母親も気味悪がって最近落ち着かないんだよ・・・」

 

 

 

 

 

 

とある男「あー、それは確かに気味が悪いけど、俺だったらその男の携帯に掛けて、何の用かハッキリ聞いて、終わらせるけどね」

 

 

 

 

 

友助「俺には無理だ・・・・、もう怖い気持ちが先行してる・・・、どうしたら良いかな・・・?」

 

 

 

 

 

とある男「・・・・。分かった。良い案を思い付いたよ」

 

 

 

 

 

友助「なに!!??」

 

 

 

 

 

とある男「俺が、お前の振りをして、その高一とやらに電話を掛けてやるよ。それで、お前の振りをして用件を聞き出して、もうお前の自宅に電話をかけさせないようにしてやるよ」

 

 

 

 

 

友助「おおおお!!ありがとう!!!恩に着るよ!!」

 

 

 

 

 

 

とある男「友を助けるのは当たり前だ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かくして、

 

 

とある男は、友助から、高一の携帯番号を聞き出すと、

 

 

早速その日の夜に高一の携帯に電話を掛けてみた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高一「はい」

 

 

 

 

 

 

とある男「・・・もしもし、あの、自分は友助って言いますけど・・・、最近自宅の方にアナタから電話をもらっているようで、どういう用件でしょうか?」

 

 

 

 

 

 

 

高一「あ!!友助さんでしたか!!電話を掛け直してくれてありがとうございます!!」

 

 

 

 

 

 

 

とある男「そんな礼は良いから、要件を早く教えてもらえる?」

 

 

 

 

 

 

高一「実はですね、僕と同じ高校だった友助さんにどうしてもお伝えしたいことがあるんです!!」

 

 

 

 

 

とある男「あのね、その同じ高校ってことだけど、本当に俺と高一君は同じ高校だったの?俺、高一君のことを申し訳無いけど全く思い出せないんだよね。顔も思い出せないし、話した記憶も無い。本当に同じ高校だったの?学年が違うとか?」

 

 

 

 

 

高一「間違い無く同じ高校出身ですよ!!もちろん学年も同じです!!それに、残念ながら僕も友助さんと話したことは一度も無いと記憶しています!!」

 

 

 

 

 

とある男「は?じゃあ何でそんな相手の自宅にしつこく電話をしてきたわけ?そもそも自宅の番号はどうやって知ったの?」

 

 

 

 

 

高一「自宅の番号は高校の卒業アルバムの名簿で調べました!!」

 

 

 

 

 

とある男「・・・あぁ、そう。それは分かったから、じゃあ肝心の用件を教えてよ。」

 

 

 

 

 

高一「はい!僕と同じ高校の人たちに、どうしても伝えたいことがありまして、お電話をさせてもらったんです!!」

 

 

 

 

 

とある男「だ~か~ら~、その用件を早く言えっつってんだよこのバカチンがっ!!!!」

 

 

 

 

 

高一「それは言えません!!」

 

 

 

 

 

とある男「パードゥン!!??用があって、何度も電話を寄越しといて、折り返したら『用件は言えません』とはどういうことだよ!!」

 

 

 

 

高一「実は、僕も詳しく説明できる程知識が無くてですね、そんな僕が電話で説明するのは難しいので、直接僕と会って欲しいんです!!」

 

 

 

 

とある男「なんだそりゃ!!友達でも無い高一君と会って、俺は何を聞かされるワケ?そこに一体どんなメリットがあんの??」

 

 

 

 

 

高一「メリットは物凄くありますよ!!凄く良い話なんです!!得しますよ!!」

 

 

 

 

 

とある男「え?俺が得する話なの?」

 

 

 

 

 

高一「はい!!」

 

 

 

 

 

とある男「え!?俺が得する話を何故高一君がしてくれるの?本当に得する話なら当然聞きたいところだけど、そんなに良い話だったら、赤の他人の俺なんかに話したら勿体無いでしょうよ」

 

 

 

 

 

高一「いえ、友助さんは、僕と同じ高校を卒業したっていう縁がありますから!!赤の他人なんかじゃありません!!同じ高校を出た人達全員にこの良い話を伝えたいと思っているんです!!」

 

 

 

 

とある男「ええええ!!!!顔も名前も覚えて無いけど、同じ高校を卒業したってところに縁を感じて、物凄くお得な話をこの俺にしてくれようとしてるわけ?え?てことは、卒業名簿に載ってる他の人達にも同じような電話をしてるの?」

 

 

 

 

高一「はい!!全員にこのように電話をしています!!得な話ですから!!」

 

 

 

 

 

とある男「マジかよ・・・、そんなことをするメリットが高一君にもあるわけ?」

 

 

 

 

 

高一「はい、皆がこの話に共感してくれたら僕も嬉しいんです!!」

 

 

 

 

 

とある男「よう分からんけど・・・、そんなに良い話だったら、そんな高校が同じ人ってだけで闇雲に電話せんでも、家族や親しい友人にだけこっそり伝えた方が良いんじゃねーか?」

 

 

 

 

 

高一「それは勿論です!!友達は元々いないので、両親にだけは既に話しました!!」

 

 

 

 

 

 

とある男「あーそうなんだ。そんで?親はその良い話を聞いて、何だって?」

 

 

 

 

 

 

高一「・・・、両親にその話をしたら、泣かれました」

 

 

 

 

 

 

とある男「え!?嬉し泣き!?」

 

 

 

 

 

高一「・・・いいえ、逆の方の泣きです」

 

 

 

 

 

とある男「なんじゃそりゃ!!」

 

 

 

 

 

高一「・・・。」

 

 

 

 

 

とある男「なんで良い話をしてんのに、親は悲しみの涙を流すんだよ!!」

 

 

 

 

 

高一「僕の伝え方が悪かったんだと思います。僕がまだ未熟だから・・・、だから友助さんにも電話で気軽に話すのは控えてるんです」

 

 

 

 

 

とある男「じゃあ、結局どうしたら良いんだよ!」

 

 

 

 

 

 

高一「ですので、一度友助さんに直接お会いして、ちゃんと話をしたいのです。ただ、僕にはちゃんと話す為の知識が不足してるところもあるので、ちゃんと内容を把握している先輩というか、上司というか、仲間がいますので、その人に代わりに喋って欲しいと思っています」

 

 

 

 

 

とある男「え!?高一君と2人で会うだけでも負担なのに、更にそこに得体の知れない人物が加わるの?きっついな~、その人はどんな人?」

 

 

 

 

 

高一「その人は、40代半ばの男性です」

 

 

 

 

 

とある男「そんなに年上なの!?俺らよりも20歳近く年上ってことじゃん!!」

 

 

 

 

 

高一「そうなりますね」

 

 

 

 

 

とある男「きついな~、それはきつい。それに、今のところ全く魅力的な話に思えないんだけど、結局なんなん?」

 

 

 

 

 

高一「ですから、それは会う前には言えません」

 

 

 

 

 

とある男「だから、ちゃんとは言わなくて良いから、要点だけ言ってよ。ザックリどんな話?」

 

 

 

 

 

高一「ザックリでも言えません。やはり、ザックリでも言って、誤解を与えてしまい、会ってもらえなくなるのは困りますから」

 

 

 

 

 

 

 

 

とある男「分かったよ。じゃあ直接会って話を聞いてやるよ。それ前提で良いから、ザックリとどんな話なのか言ってくれって」

 

 

 

 

 

 

高一「本当ですか?本当にザックリお伝えしても、その後で直接会って詳しい話を聞いてもらえますか?」

 

 

 

 

 

 

とある男「しつこい野郎だな。会って話しを聞いてやるっつってんだよ!男に二言は無い!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高一「〇〇です・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とある男「ん?なに?よく聞こえない!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高一「〇〇です!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とある男「〇〇!!??」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きゃああああああああああああああああああああああああああああxぁぁぁああぁあああああああああああああああああああああああああああああああああ呼AAA嗚呼ああああああああぁぁぁぁxっぁあああああああああああああああめああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああぁぁぁぁぁおぁぁぁあぁああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とある男「おっと、急用が・・・」

 

 

 

 

 

高一「予定なら友助さんの都合の良い日にいくらでも合わせますよ?」

 

 

 

 

 

とある男「なかなか都合付く日無いかも・・・」

 

 

 

 

 

高一「さっき男に二言は無いって言ってましたよね?」

 

 

 

 

 

とある男「・・・・。あ!!そうだ!!大事なことを高一君に言い忘れていたよ!!」

 

 

 

 

 

高一「え?なんですか?」

 

 

 

 

 

とある男「俺、実は友助じゃ無いんだ!!」

 

 

 

 

 

高一「え!!??友助君じゃない?どういうことですか!?」

 

 

 

 

 

とある男「実は、カクカクシカジカで、俺は友助の代わりに高一君に電話してみただけなんだよ」

 

 

 

 

高一「そうだったんですか・・・。分かりました。では改めまして、とある男さんは・・・」

 

 

 

 

 

とある男「はい」

 

 

 

 

 

高一「いつ空いてますか?」

 

 

 

 

 

とある男「はい?」

 

 

 

 

 

高一「ですから、僕達に会って話を聞いてくれる日程のことを聞いているんです」

 

 

 

 

 

とある男「いやいやいやいや、俺の話を聞いてる?俺は友助じゃないんだよ?友助から頼まれて、代わりに電話してるだけで、君らとは高校も違うし、高一君とはなんの接点も無いわけ、つまりは縁が無いわけよ。そんな俺に何故お得な話をわざわざしようとしてくれちゃってるわけ?」

 

 

 

 

 

高一「縁ならあります」

 

 

 

 

 

とある男「どこに!?」

 

 

 

 

 

高一「ここに」

 

 

 

 

 

とある男「ここに!?」

 

 

 

 

高一「僕と、とある男さんは同じ高校の出身では無いかもしれませんが、こうやって電話で話せているのも何かの縁。是非ともとある男さんにも、このご縁を機に、お得な話を聞いて頂きたいのです」

 

 

 

 

 

とある男「何でもありかよ!!そんなん、間違い電話した相手に縁だからつって接触を持つようなもんじゃねーかよ!!わざと間違い電話を装って相手に近付いても縁って言ってるようなもんじゃねーかよ!!つまりは、縁なんて関係ねーじゃねーかよ!!」

 

 

 

 

 

高一「僕は縁だと思っていますが、この際、縁じゃないってことでも良いです」

 

 

 

 

 

 

とある男「なんだそれ!!じゃあもう分かったから切るぞ!!もう二度と友助の家に電話かけんじゃねーぞ!!」

 

 

 

 

 

高一「友助さんが電話をかけて欲しく無いというのなら、分かりました。友助さんの自宅にはもう電話はしません」

 

 

 

 

 

とある男「お、やけにそこは大人しく受けるじゃねーか」

 

 

 

 

 

高一「とある男さんが、代わりにお話を聞いてくれるだけで十分です」

 

 

 

 

 

とある男「だから、俺は関係無いし、忙しいと・・・」

 

 

 

 

 

高一「男に二言は無いんでしたよね?何回同じ事を言わせるんですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とある男「・・・・、分かったよ!!行くよ!!行きゃあ良いんだろうがボケぇ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、

 

 

達也の行方を知る者は誰もいない・・・

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

《☆9月4週目の週間株トレード収支結果☆》

 

 

 

 

19日  +10.7万

20日   +7.8万

21日   ±0.0万

22日  -15.0万

 

 

 

 

 

今週 2勝1敗1分 +3.5万 (手数料考慮せず)

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤル気なし男な週間やった・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FUKUOKAに行けませんでした・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペタしてね

 

 

読者登録してね