お疲れさまです。

14日(金)は、訳あって休暇となっております。

また、週末に向けて天気が崩れるとの予報でしたので、昨晩行ってきました。


【6月13日(木) 満潮:15:22(若潮) 03:09(中潮)】


  知多半島は南知多界隈、常夜灯が効くポイントでアジングに挑戦しました。ウインク

21:00〜翌3:00 、上潮を狙った釣行です。


人がごった返すことの無い平日深夜、今回はこのポイントを じっくりと攻めてみようと、タックルは ジグ単とキャロの2セットを持ち込みました。

詳細です。

[ジグ単]
 ・ブルーカレント58TZ
 ・13ソアレci4+ C2000PGSS改
 ・アンバーコードSG S-PET 0.3号
 ・グランドマックスFX 0.6号
 ・小悪魔JH 0.4〜1.0g
 ・チビキャロスワンプ

[キャロ]
 ・ブルーカレント74Ⅱ
 ・16ストラディック ci4+ C2000S
 ・アーマードF+ Pro 0.3号
 ・グランドマックスFX 1.5号+0.6号
 ・Mキャロ 2.5g
 ・自作JH0.25g
 ・チビキャロスワンプ

(ともに古いリールですが、軽く ロッドとのバランスもバッチリなんですよ〜)



まずはジグ単から始めてみましょう。



うう〜ん 横風が気になるなあ。
(このポイントでは)

1.0gを使用していました。

キャストがうまく決まらないと、JHが馴染まず存在がわかりません。これじゃあアタリがあってもわかりません。

話しかけて頂いたエキスパさんも苦戦しているようで、お互い苦笑い。


情報を交換しながら探っていきます。

休憩、そして再開と刻々と変わる潮に期待してKeepCast!


キャストが決まり、JHをうまく沈めれました。ラインは弓なりに膨らんでいますが、JHの位置はわかります。

中層付近で「コツ」と小さなアタリがありました。ガーン


ピチャピチャと上がって来たのは...

おおお! いるじゃない!ラブ

豆アジ登場!



このポイント、一応 アジはいました。

一方で、先日まで好調だったポイントには既にサカナは入って来ず下火のようです。


結論として、「そろそろ豆アジでも」と、訪れた 今回のポイントでは、結果は「吉」と出たようです。ニコ

今回、サカナのサイズが小さいと予想されましたのでアシストフックを付けた訳ですが、しっかりとJHにフッキングしていました。


さてと、再現性を確認すべく、先ほどと同じラインをトレースすると...

いやいや、トレースどころか、まともにキャストできないほどの風になっています。


時間は2時。

ポイント移動を決意し、先程の豆をリリース。

そして、巻き取りを正すため風下に「ラスト」とキャストし...

目を閉じてラインの重さに集中、集中...

モジモジ...と、ほんの僅かな違和感に合わせると、快心の追加豆アジ!



このポイントでは、2匹の豆アジを釣ることができました。



次に、この東側からの風を正面で受ける場所へ移動しました。

横風とならず、JHを見失う事はないのですが、沈降スピードがイメージと異なるため、それなりに難しそう。

慣れてきました。小さな違和感の正体は「サバ」と判明しました。




消えてるし...






ここでは、アジ以外に反応がよかったんです。



【本日の釣果:10匹】
  ・アジ×2匹
  ・サバ×4匹
  ・カサゴ×3匹
  ・ムラソイ×1匹

東風の影響により、釣り難い状態となってしまいます。

結果、風向きより釣果が左右されるとともに、
体力と気力の失われるスピードは著しく上昇する事になります。

今後は、これらの課題への対策も考えていきたいと思います。

それではまた。