不動産投資 ブログランキングへ

電話が鳴った。親しい業者さんからだ


「最近問い合わせが急に出て来ました」




「え??」


「何の事?」




「例の件ですよ、K2さん」




「あ……




思い出した。物件売りに出していたんだ。


都内の外れに立地する築25年のRC一棟レジ


業者さんとの関係強化()の目的で所有物件をレインズに載せてもいいよと


専任の様な(口約束)形で任せていた物件




この値段では売れないだろうという高い金額で出していた


当初は予想通りに反響は全く無かった


しかしここに来て、銀行に一式書類を提出して審査したいという強者が現れた




因みに自分が購入した金額は約4000万円


今回の売り出し価格はなんと約8000万円


買値の倍




4000万円の利益


これは困った




なぜ困るかと言うと、


倍の金額で売っても税金や仲介料払うと最終的に手元に残る金額は約2000万円


短期譲渡なのでは利益に対して40%もの税金を払わなければいけない。




一方、保有し続けていれば毎月30万円近くのの手残りが得られる


超優秀な物件なのです。(税引前)





こんな稼ぎ頭を手放して、手元に残った2000万円を使い


それ以上に稼げる物件を購入出来るのか?


このマーケットでは不可能じゃん?




だから困る




自分の不動産投資の目的はキャピタルゲインでは無くて


安定したキャッシュフローを得る事だと考えている




だから売る事を考えて購入した事は一度も無い


出口戦略など皆無だし無意味




さてどうしたものか、、、、



不動産投資 ブログランキングへ