三丁目の庶民

三丁目の庶民

岐阜から電波を発信しています。
言う事は熱帯低気圧くらい暑苦しいです。
ジョークは爆弾低気圧くらい寒いです。

 東京都が外出自粛要請を出したこの週末ですが、勘違いも甚だしい人々が多数発生してる件について。

 

 「田舎に帰ります」

 「東京から離れます」

などと、金曜日の夜にはバスターミナルは人だかりだった模様。

 しかし、その行為自体がすでに自粛要請に反している行動なのだと全く解っていない。

 

 今まで東京に滞在していた、もしくは住んでいた人は、症状無くともひょっとしたらウイルスに罹っているかもしれない。

 それを拡大させぬように外出自粛を要請したというのに、わざわざ拡散させるような行動を何故とるのだと。

 

 コロナウィルスを持ってるかもしれない人々が一斉に全国に散らばるのだ、逃げたその土地で二次感染させ得る事も解らずに。

 

 ウイルス持ってても気付いてない無症状の人々が各々の故郷に帰り年老いた家族に会うとする、当然密室で会話し、同じ食卓を囲む。

 結果は明らかでしょうに。

 本人はそのつもりなくとも、年老いた家族に症状が出てしまい、最悪は命の危険に晒してしまう、こんな悲しい事がありますか!?

 

 何度も何度も繰り返しますけど、症状は無くとも「自分はコロナに罹っているかもしれない」と捉えて生活すべきなのです。

 そう考えていれば、故郷に、地方に逃げ込むなんて浅はかな行動をとる事など無いでしょう。

 

 「東京が危ない」のではなく、「東京に居る人・居た人が危ない」のだから地方に移動するな、むやみに外出するなとのことなのに、何かほとんどの人が勘違いしてなさる。

 

 テレビのインタビューで

「ヤバイって聞いたんで、実家に帰ります」

とか言ってる人がいる、ソレがイカンのだっつうの! そういう考えのお前自身がヤバイんじゃい。

 休業してる109だかの建物の前で若者が残念がってる、この期に及んで何をしとるんだと。

 お前らみたいなのが立派な感染媒体になるんだぞ! 

 ホント未だにコトの重大さを解ってねーんだな。

 

 現在、日本人として今一度、人間のモラルを問う時期なのかもしれませんね。。。

 

 

  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜県情報へ 

 

 

 

 

 

 昼メシ喰ってる時に流れてたテレビ番組で、先日都知事が「不要不急の外出自粛要請」出した東京プチ封鎖について、街角インタビューしてた連中の中にこんなのが居た。

 

「とりあえず~来たんですけど~、やっぱ中止でしたぁ~」

 

 とりあえずなら来るなドたわけが!!

 オノレのしとる事が「不要不急の外出」そのものなんじゃボケ!!

 

 ほんっっっと、この期に及んでどこまでアタマのネジがユルいヤツが多いのだと情けなくなるわ全く!

 

 こういう奴らが平気で海外旅行したりするんだろうな、こないだも書いたけど、この手の奴らは現地の感染症よりツアーや飛行機のキャンセルのほうが気になるんだろうよ。

 

 何のためにあの巨大なネズミランド始め各種観光地が閉鎖してると思ってんだ? 

 観光地や飲食店のどこの誰もがこの稼ぎ時に休業なんて絶対したくないのに敢えて休業してるんだ、感染拡大防ぐために、身を削って、断腸の思いで自粛してんだ。

 

 そういう涙ぐましい努力を踏みにじるように、「自分は大丈夫マン」がのらりくらりと徘徊してて、気取ったレストランとかが休業してるのを見て、「残念だけど~、帰ります~」とかぬかす。

 てめーの頭の中が残念無念じゃい、さっさと帰ってスマホでもいじっとれバカが。

 

 それと我ら岐阜でとうとうクラスター発生させた人ら、あんたらこれだけ密閉空間で行動するなと言われてるのにどうしてこうなるの?

 何で体調推してまで合唱したいの? 歌わないと死ぬの?

 スポーツジムとか散々感染しやすいと言われてんのに、何でアクティブに汗流してんの? アタマ大丈夫? コロナでやられておかしくなったの?

 あんたらの無責任な行動のせいで俺達岐阜県民全員に自粛要請が出て迷惑かかってんだぞわかってんのかコラァ!!

 

 マジでこういう奴ら何考えてんだ? いや、何も考えて無いからこういうアホな行動するんだろうな。

 徘徊してる自分たちが感染媒体になり得る事も解ってねーんだ。

 

 インドじゃ外出自粛を再三無視した奴には、警官がそいつらにケツバットとか腕立て伏せさせてるらしい。

 思わず笑っちまったけど、平和ボケの自分は大丈夫野郎にはそれくらいしたほうがいいかもしれんぞホント。

 

 とにかく今は耐え時なんだ、いいかげん解れよ!

 どこの誰もが遊びに行きたいのを我慢してんだし、お店も泣く泣く休業してるんだ!!

 なのにクラゲみてえにフラフラしてんじゃねえバカヤロー!!!

 

 

 あーホント、たまにはほのぼのした話書きたいのに、そういう時に限って私の神経逆撫でるようなモノを目にするから嫌になりますわ最近。。。。

 

 

 

  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜県情報へ 

 

 

 なんだか東京の雲行きが怪しいですな。

 

 ついこの間、今回のコロナ渦の発生源である中国武漢が封鎖されたことについて「一千万都市が封鎖される怖さ」を「東京23区全域の人口に等しく、東京が封鎖されるようなもの」だと比較してみたのだが、まさかそれが現実になりつつあるとはね。。

 

 今週末は感染症対策としての「不要不急の外出を控えて」などという喚起は史上初だし、果たして今週末くらいだけでは済まないんじゃないの?とも考える。

 

 ネットでも話題に上がり問題視されてるが、先日の三連休、コロナ疲れの人々がノンキに遊び歩いてたみたいで、ここ数日の爆発的な増加はその初めの段階なのではないのかとウワサされてます。

 

 私個人の考えとしては、残念ながらそうだと思ってます。

 そしてもっと残念なことに、これからまだ増加するとも思ってます。

 

 これは何も東京だけじゃない、私の住む岐阜だって同じことです。

 先日だってアクティブ高齢者が合唱クラブだかでクラスター発生させてエライ事になってるし、、、

 言っちゃ何だが、ご高齢なのになんでわざわざ自分は大丈夫マンになって活発に動こうとするの!? なんでオトナシクできないの!?

 

 クラスターでもうひとつ申し上げたいのは、今回の注意喚起で都内のアチコチで買いだめが起きてスーパーなどでは結構な人だかりができてますけど、コレはいかに。

 注意喚起してクラスター惹起だなんて洒落にならんですよ。

 ドラッグストアもそうだけど、スーパーの人らも大変だな、いつも不特定多数相手に接客しないといけないから結構な恐怖でストレスも半端ないでしょうに。

 

 もう3月も終盤になってきましたが、収束どころか「まだまだこれから」な嫌な感じがするのは私だけでしょうか。

 

 今回の記事のタイトルは、8年前にもつけたことがあります。

 当時はもっとしっかりしなきゃと自分を鼓舞させるような内容だったのですが、8年後にこんなネガティブなハナシで「まだまだこれから」というタイトルをつけることになるとは考えもしなかったです。

 

 ホント、何が起きるかわからんもんです。

 

 

 

 

  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜県情報へ 

 

 結局のところオリンピック延期になったのですが、延期匂わせて結論出すの早かったですな、最初4週間くらいかかるとか言ってなかったか? 

 

 まあ、当然と言えば当然で、選手や関係者の人々には気の毒だけどこれは仕方ない事ですよ。

 

 コトが日本だけの問題じゃ無くて世界的な問題なんですもの、全世界が一致団結しないと収まるものも収まらないでしょうし。

 何よりも、絶賛感染拡大中の欧米から大量に人が来る状態になるのに、無防備で満面の笑顔で「日本へようこそ!」なんて言えない。

 というか、現状だとガスマスク被ってニコニコマーク描かれたプラカード持ってお出迎えするレベルだろうな。

 なんちゅうシュールな光景だ。

 

 1年程度延期と申されてるが「TOKYO2020」という文言はそのまま使うそうですな、「2020」より「2021」のほうがなんとなく21世紀感が有って良いと思うのは私だけでしょうかね。

 時期はハッキリ明言されてないから、2021年になるならわたしゃ4月あたりを提言いたします。

 桜が満開で気候も穏やかな時、まさに風光明媚な「和」の中でオリンピックなんて絶好の日本アピールで、競技も何もかも最高に絵になりますやん。

 7月なんかにやったら猛烈な酷暑の中、違う意味の日本アピールになりかねないと思います。

 

 まあともかく、これで日本のお偉方も難儀なこと一つ先送りにできてやれやれでしょうよ。

 

 というか、延期決定された瞬間に東京で感染者が爆増した報道とか、外出自粛要請とか堰を切ったようにいきなり出てきたぞ。

 やっぱりオリンピック気にして報道規制というかそういうチカラがあったのだろうなぁ。

 利権つうのは人命より体裁繕うほうが大事なんですな、くだらねえ。

 

 志村けんさんもコロナに罹っちまってどうかご無事を祈りたいものですが、そもそも今までテレビ関係者内のクラスターの話を聞かなかったほうが不思議でしたね。

 あんな狭いスタジオで毎日不特定多数が出入りして、アウトブレイクしないほうがオカシイんだ。

 おっとカタカナ使ってしまった、集団発生です集団発生、たぶん。

 

 昨日も記しましたが、オリンピックなんて私の生活に1ミリも差し障りが無いからどーでもいいです。

 それよか、今現在のコロナ渦のほうがよっぽどリアルに生活に差し障るから、何よりもこっちの対策をしていただきたいものです。

 で、収束し落ち着いた時にオリンピックでも万博でもプロレスでもやればいいのです。

 

 今年は本当に「耐え年」ですな。

 案外今年の漢字は「耐」とか「粛」になったりして。

 

 

 

  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜県情報へ 

 

 

 

 8年前の私の記事から引用

 

-- ここから 

 

 ラジオ聞いてたら評論家という人が

「イニシアチブを取って、クレバーでスマートな解決をうんぬん…」

と言っていたのを聴いた時、私の心の声

「何言ってんだコイツ?」

 

-- ここまで

 

 てなわけで、わたしゃ昔から何でいつもカタカナ英単語を用いて話をややこしくさせるのか不思議で不思議で。

 

 で、今回の新型コロナで出てきたカタカナ

「パンデミック」「クラスター」「オーバーシュート」「ロックダウン」

どうですかこれ?

 

 まあ「パンデミック」くらいはなんとなく「エライこっちゃ!な状態になった」くらいの感覚で、まあ理解できると思う。

 けどあとの3つは、ソレ聞いて一体どんな状態なのかを瞬時に理解できる人ってほとんど居ないと思います。 おれも知らんかったし。

 

 防衛大臣の河野さんが「ややこしいから日本語で言えばええやん」と苦言を呈されたが、私も全く同意見であります。

 一部のお偉方やマスゴミはカッコつけて専門家気取りでカタカナ使うより、まずは理解させることが優先でしょうに。

 

 「クラスター」は「集団感染」

 「オーバーシュート」は「感染爆発」

 「ロックダウン」は「都市封鎖」

 

 どうでもいいですけど昔、岐阜県大垣市に「ロックタウン」つうショッピングモールがありまして、大垣市がそうなったら「ロックタウンがロックダウン!」とか笑えr……すみませんなんでもないです。

 

 とにかく、カタカナ用語なんかよりよっぽど解りやすくて、尚且つ深刻さが伝わってくる気がします、こっちのほうが注意喚起として良いんじゃないの?

 それとも何かい、余計な不安を与えないように、わざとマイルドに聞こえるカタカナ言葉を使ってるのかいな?

 

 以前わたしゃ物資品薄にアタマきて「不安煽りすぎじゃい!」と文句言ったけど、あの記事書いてから海外旅行行ったりジムやライブで一汗かくバカがあちこちで感染拡大させてる事実が多発したため、あほくさくなったのでアレ撤回しますわ。

 

 ここまでのんきな平和ボケの「自分は大丈夫マン」というあほが増えてきた今となっては、もうとことん恐怖心を持たせないとダメだ。

 

 だからマイルドでよくわからんカタカナ使うより、キチンと意味が解って物々しさ満載の日本語で伝えたほうが、各人の意識も高まって絶対良いと考えます。

 

 とは言うものの、その「与えた不安」に起因する「買い占め」がまたまた横行したりするかも……

 ううむ、ほんっと難しいものですなこういう事って。。。

 

 

 ん? これ書いてる現在、3月24日21時10分ですがオリンピック延期の速報が入ったぞ??

 気の毒だけどまあこれは仕方ないでしょうよ、、明日なんか書こ。

 

 

 

  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜県情報へ