​青少年ボランティアスクールボランティア体験プログラム

2024.7.20

川口市の協働推進課、社協が協働で行なっている青少年ボランティアスクールに参加。


中学生に保護団体の活動についての講習とシェルターでのお世話をするボランティア体験を実施しました。


参加人数は3名でしたが、都合により2名の中学生が参加しました。



講習を受けてシェルターでトイレやケージの掃除、タオル切りを体験。


トイレ掃除・ケージの床掃除・それから床全体を掃除機がけしました。


前半の講習で保護猫活動の事例で取り上げた子猫達。


講習時に見せた保護依頼時の子猫の写真


シェルターにその子猫達もおり、保護直後と保護されてしっかりと医療ケアを受けた子猫たちの元気な姿も見てもらえました。


保護後の子猫の姿

見違えました


ボランティア体験の感想を聞いたところ、保護猫のお世話の大変さが分かったとのことです。


次回は7月27日(土)です。


青少年ボランティアスクールボランティア体験ぷろぐらむ


百聞は一見にしかず!


体験することの大切さを私も学びましたー!!


そして


青少年ボランティアが終わったあと。


以前脱走した茶トラ子猫を動物病院へと連れて行きました。


茶トラ子猫達の話は

活動報告7月③茶トラ子猫たちの皮膚が〜


に続きます!