カルトナージュWS | 虹色のPetit Bouquet

虹色のPetit Bouquet

大阪市のカリグラフィー教室 ”アトリエ Petit bouquet(プチブーケ)" のブログです。
カリグラフィーの事☆日々の出来事☆心ときめくもの・・・
様々な事を小さなブーケに束ねていきます♪


テーマ:
友人のまささん宅で開催された カルトナージュWSに参加しました。

今回作ったのはポケットティッシュケース。


生地は、リバティのウィリアム・モリスからチョイスします。
"いちご泥棒" のカラーバリエーション、すごいです!
私が選んだのは グリーンの "ロデン・ウッド"。


箱は事前に 講師の makiさんが作って下さっていたので、内側と外側に生地とスキバル(革調の紙)を貼り付けるのが今日の作業。

気心の知れた方ばかりとの事で、ワイワイと楽しんでいたらアッという間にお昼に!
今回のWSはランチ付きなんです♪( ´▽`)


かぼちゃのポタージュ、鶏のトマト煮込み、ケークサレ、ガレット…
素敵なフレンチランチ、美味しかったです♪♪♪

朝の遅れを取り戻すべく、午後は黙々と(?) 頑張りました!(笑)

3名はティッシュケースだったんですが、2名はリボン付きトレイを作っていらっしゃって、トレイ講師の satoさんがゴージャスな作品を見せて下さいました。

生地の組み合わせや色合わせ、小物に至るまでが美しくて…こんな雰囲気に憧れます。
ちなみに 生地の名前は "マリー・アントワネット" なんですって。


"ロデン・ウッド" を選んだのは、以前同じ生地でまささんがサシェを作ってくれたから。
並べてみたら、サシェの色褪せが…(^_^;)
でもまだ良い香りが漂っていて、ウィリアム・モリスが愛したラベンダーの香りに癒されています。


講師の makiさんは いつも楽しくて優しい方なので、長時間の作業もあっという間。
makiさん、satoさん、まささん、参加者の皆さま、楽しい一日をありがとうございました!