有名なアメリカの映画スターウォーズダースベーダー
スターウォーズで最大の敵として登場したダースベーダーの過去。
若き日の暗黒面に染まる前のダースベーダーの物語を描いた映画がスターウォーズエピソードⅠ.Ⅱ.Ⅲです。
Ⅰでは後のダースベーダーアナキンスカイウォーカーの幼少期を描き、ジェダイの騎士に入る姿を描きます。そして、その時出合ったパドメという女性と後に恋がアナキンの運命を大きく揺るがします。

Ⅱでは、ジェダイとして活躍するアナキンの姿がたくましい青年期を描きます。
若々しいアナキンとアミダラ女王(パドメ)の再開がこの二人の運命を大きく変えていきます。
$幸せになりたいのブログ
久しぶりに再会した2人は押さえていた感情を押さえきれず、ジェダイの騎士の掟を破り父親になります。

Ⅲでは、お腹の中に子を宿したパドメにアナキンは喜びます。が、同時に夢に何度も出てくるパドメの死と、自分ではどうする事もできない問題に自分の力のなさに葛藤します。

そしていつの日にか大きな力が欲しいと思うようになるのです。
そこにつけ入るのが、彼の絶大な力が欲しいと思っていたシスの暗黒面に付け込まれます。
$幸せになりたいのブログ
失いたくない、手に入れたいと言う気持が焦りと不安を呼び最悪の結果になるのでした。


エピソードⅢは見終わった後は悲しい気持ちになる内容です(映画としては勿論素晴らしい作品です)
無邪気で正義感の強い優しい男の子が、自分ではどうする事のできない大きな力を欲しいと願い、大切な物を守りたいと言う思いが強すぎて、結果全てを失ってしまうのです。


現実にはダースベーダーになる事はあり得ませんが、何かを求めるあまりもっと大切な物を見失う事はあると思います。恋愛だけでなく結婚後も人生にはいくつもの試練があると思います。

その時に大切な事を見失いように注意したいものです。
$幸せになりたいのブログ