10代、男性。

足首の捻挫後と整形外科で診断され、1ヶ月以上固定。

疼痛緩和せず、当院を来院。

 

 

通常であれば2週間程度で回復する内容と思われるが、泣き叫ぶほどの疼痛。

整形外科学検査、オールマイナス。

 

少しでも触ると痛がる。

ご高診を提携している外科に依頼するも、レントゲン異常なし。

 

さてはて・・・?

 

 

結論から言うと複合性局所疼痛症候群(CRPS)という、怪我後に発症する神経痛でした。

あー、カウザルギーか!!と思ったら随分前にCRPSとして統一されたとの事。

勉強不足・・・

 

カウザルギーとは?

怪我した時(その他日常生活)にて神経を損傷してしまった際、その箇所もしくはその神経が支配する範囲に痛みが出るもの。

動的アロディニアなんてのは整骨院でも出会う事が多く、なぞるように触るだけでも痛みが出る事があります。

 

40~50代女性に多発!

でも、今回は男の子!

 

結局、痛みが無くなるまでに1ヶ月。。。

今では元気に過ごしていると聞いて、本当に嬉しくなりました。

 

今回の一件は、医師や整骨院友人間でも大きな話題に。

 

「レントゲンでは大丈夫って言われているのに、子どもが痛がってしょうがない」

こんな相談、実は多いのです。

 

 

んー、ともあれ勉強不足。

次回に生かしていきます!

 

 

◆注意

・具体的な治療内容に関しては記載を控えています。

・本人特定を避ける為、一部内容を変更してあります。

・内容はあくまで個人的なブログであり、医学的に根拠のあるものではありません。