逆転合格のコツと東大合格者ランキングから見える大学受験の現状 | お受験ブルーズ
新型コロナウイルスに関する情報について

お受験ブルーズ

現役講師がお受験を通じて世間を眺めています。
大手塾勤務→独立→プロ家庭教師と変わって来ました。(作曲・編曲、戦国シンフォニックメタルバンド「Allegiance Reign」のベーシストとしても活動しています。どっちも本気です)

 まず先日の記事(https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12580876075.html)の彼(R君)ですが、その後、早稲田政経にも受かっていることが発覚しました。本人も落ちていると思って、合格発表もろくに見ていなかったらしく、数日過ぎてから確認して、入学手続きも慌てたとか(笑)

 

 前年Fラン落ち→翌年早稲田政経なんて、ドラマみたいな話です。さすがにできすぎですこれは。奇跡と言って良いと思います。

 

 先日、彼のお祝いを僕らで粛々とやったのですが、彼から出てくるこの1年の想いにかなり圧倒されました。そこに勝利の要諦もはっきりと見えましたので、今日の記事の先に、簡単にそれを言っておきたいと思います。

 

 まず、MARCHと早慶上智では、かなり難度に差があります。

 例えば、明治大の法学部や経済学部が偏差値としては高いと思いますが、それでも早慶の試験とはまず、「問題の難しさ」に圧倒的な差があります。向き不向きにもかなり左右され、東大に受かっても、早稲田政経に落ちることはままあることです。

 

 つまり、明治くらいまでなら、問題がえぐいほど難しいわけではなく、「頑張れば」届く可能性は結構あるのです。が、早慶上智となると、そもそもが入試問題の難易度が高く、ちょっとやそっとの勉強では届きません。特に英語の単語レベルが一つ抜けます。東大英語より単語だけなら難しいと言えます。

 

 それだけに、今回のR君の合格は、まさに青天の霹靂、急転直下にしてカタストロフィックなことであり、驚きが大きかったです。

 

 東大志望生が滑り止めとして早慶に簡単に受かるのは(まあ僕もその一人ですが)、そもそも勉強する上で東大英語などに的を置いている子が少なく、一応、最高難度まで英単語などをやってしまう子が多いからです。

 高校受験でも早慶に届かず明治で着地するパターンを多く見てきています。

 

 もう彼は、「文科省にムカついたので、官僚になりたい」と言い始めており、この1年で劇的に人生が変わったことを、ほほえましくまた、感慨深く感じておりました。

 まあ、今後、早稲田でもいろいろ絶望することもあるでしょうし(笑)、官僚になるのもなかなか大変だとは思いますが、あのドクズだった彼が勉強することにある種のやりがいを感じているのは、喜ばしいことです。

 

 彼の話から感じた、逆転要素は以下の通りです。今の子ならマネしやすい部分もあることでしょう。

 

<R君の浪人時代の逆転ポイント>

22時に寝て、4時から5時に起きることを徹底した。そしてその継続

 ……「先生(僕のことですw)が高3時、毎日6時に起きて勉強していた」という話を現役時代は聞き流しており、本気になれなかった。が、全落ちしたことで決意した。5月くらいになったらどうせ止めてしまうんだろうと自分でも思ったが、意外にできた。結局、1年継続できた。

 

・甘いモノを控え、水を飲むようになり、食事に気を付けた

 ……現役時代は、栄養面でも勝負しろ、という先生(僕のことですw)のことをきき流して、普通にコーラばっかり飲んでいた。浪人時には、ためしに飲み物をミネラルウォーターにした。すると、たしかに集中できる気がした。やがて、2リットルのものを買って、いつも持ち歩くようになり、がぶがぶ飲みながらやった。効率があきらかにあがった。甘いモノも控えた。

 

・YouTuberと勉強したり、早稲田の政経キャンパス内で自習した

 ……とはいえ、11月くらいには精神的にきつい時期がきた。模試で結果も出ず、不安で夜も眠れない時期があった。不安を感じる→勉強をする(これも僕が言った)という行動原理にしていたら、一睡もせずに20時間以上勉強している時期も。

 河野玄斗君(東大理3で司法試験も受かった天才の方)のYouTubeチャンネルで、ただただ勉強しているライブ動画あるので、それと一緒に勉強した。また、自習を早稲田の政経キャンパスでやるようにした。これでモチベーションが保てた。理3の天才でもこれだけコツコツやる、ということがわかり、言外に励まされた。

 

 

 結局、僕が(彼が)現役のころにいったアドバイスを本気で実行してくれ、かつ、自分でいろいろと工夫をし、たまーに挫折したりしながら、努力の継続を徹したようでした。

 正直、政経まで行くとは思っても見ませんでしたから、その知らせを聞いて、心臓が止まりかけました(笑) 彼の高校からは、初だそうです。

 

 僕もまだまだですね。読み切れませんでした。

 

 たまにいくビリヤードと、東大を目指す友人が数人だができたことで、心が支えられたようでした。休憩も大事です。

 

 「本当の意味で東大のすごさもわかった」とも言ってくれました。

 「そうなの。東大って一言でいっても、ちゃんと努力してみないとその本当のすごさもわからないし、正しい評価もできないのだよ。やっと儂のすごさがわかったかーw」と心の中でその成長を喜びました。また、お母様が倒れて以来、頑張り続けているお父様にも感謝の言葉が端々に出ていたことも印象的でした。

 

 一時は憎しみすら持っていたこともあったはずで、その成長も嬉しかったです。口下手なお父様から、早稲田を受験するときに弱音を吐いたら、「受かるだろ」って言ってもらえたことが、非常に嬉しかったようでした。彼の努力が、結局はお父様をも変えたことと思います。

 

 子育てはドラマ以上にいろいろあり、素晴らしいものですね。何があっても、最後まで投げなければ、しんどさも良い思い出に変わります。

 

 このブログに集う皆様も、一時の風景に惑わされず、長い目で子育てをしてみて欲しく思います。

 

 

<東大合格者数ランキング2020年についての分析>

https://www.inter-edu.com/univ/2020/jisseki/todai/ranking/

 

 今年の東大合格者数ランキングがでましたね。毎年、とりあえずチェックはするようにしています。と言いますのも、このランキングがもろに中学受験などにも影響するし、日本の10年先にも影響すると、僕は考えているからです。

 

 あまり京大や旧帝大、早慶の数には興味がなく、僕自身が気になるのは、東大と医学部の数くらいです。海外大学数も重視はしていません。

 

 といいますのも、僕はその学校の「育成力」を見ているからです。

 

 東大への合格は、どの進学校ももちろん狙っていて、営業面でもキモになるデータです。10名以上の現役合格を出すには、どうしても学校側の「何か」が必要なのです。

 

 いわゆる雰囲気づくりかもしれませんし、カリキュラムの速さ、演習数の多さ、追試の多さ、などその「何か」は様々ですが、必要なのです。なくなった学校は、ひとりでにこの数字が落ちていきます。

 

 上記に早慶の入試では「MARCHより一段上」の難度への対応が必要ということを書いていますが、東大はそれとは別の育成方針が必要です。より、学問の本質に迫り、かつ幅広い能力が求められます。それでいて、できれば1教科、ぶち抜けて得意なものが欲しいです。

 

 よくこのブログでも論述力が大事と言っていますが、まさに東大に受かるにはこの能力が必要で、これは単なる問題演習の繰り返しでは身につきにくいです。学校での定期テストの取り組みや、問い方、普段の宿題課題の出し方・方針が非常に重要です。

 

 個人的に僕が注目していたのは、市川(14名)、本郷(8名)、吉祥女子(4名)です。この3校はどこも伸び盛りであり、中学受験の日程に影響します。ま、3校とも現状維持といったところで、まだ大きな変動はなかったですね。各学校ごとの解説が必要なら、またの機会にでもー。

 

 千葉の受験で、市川と東邦大東邦の差がやや出てしまったので、1月には市川が第1志望の子が増える、というところでしょうか。この3校には、優秀な子が増えてきているので、2年後くらいには大きく増えることもあり得るかもしれません。

 個人的には、吉女が豊島岡に並ぶくらいになってほしいです(笑)

 

 

 大きな特徴としては、トップ10のうち、灘を除くすべての学校が関東の中高一貫校であり、現役率も異常に高い、というところです。他の有名進学校も軒並み現役率(学年に対する現役東大合格者の割合)が高く、10%を超えるところが多いです。10%とは、10人に1人が東大現役合格であり、驚異的なことです。

 

 県立や都立では、地方も含めて、さすがに東大狙いとなると1浪が前提となっているきらいを感じます。日比谷でも現役率は8%弱。名門中高一貫校には勝てないようです。

 また、カリキュラム的な育成をしていない公立系のところは、中高一貫でもさすがに実績が落ちてきています。

 

 京大であれば、割と府立なども結果を出しているのですが、東大はやはり、より深い準備(科目数が多い、論述演習など)が必要なので、難しいでしょう。

 

 この一因としては、中学受験でサピが中心となった世代が台頭してきていて、関東の子供たちの学力レベルが単純にあがっていることと相関を感じます。サピの「自主性を持たないと伸びない」システムは、中学以降も淡々と勉強する子を増やしており、そういう子が大きく伸びています。

 

 ただ、サピが最強なのは、今の新中2から新中3以降であり、このあたりの世代では、上位層が分厚く、中堅校にも優秀な子が多くいます。ここで学校側に育成力があれば、そういう子たちが大きく伸び、下剋上に近いことも起こり得るでしょう。

 

 特に吉祥女子や本郷のような学校は、内部カリキュラム的にはその上位の偏差値の学校と全く変わりません。ですので、ぜひとも、東大に多くの生徒をチャレンジさせて欲しく思います。学年で40人の本気の東大挑戦者がだせれば、20人は受かることと思います。頑張ってほしいですね。

 

 いずれにせよ、優秀な子が増えるのは日本にとっては良いことです。(お金さえ多大にかからなければ)

 

 我が母校(兵庫県私立白陵中・高)は、ねえぞ終わったゼロか、と思ったらインターエデュにデータを公開していないだけでした(笑) 15名の合格を出しています。まあ、僕らのころは25人前後が普通だったので(しかも母体数もすくない)寂しい気もします。(ただ京大は多い)

 ま、改革はしているらしいので、今後10年でまた変わることでしょう。OBばっかり優遇してないで、改善されることを望みます。

 

 いつも読んでくださってありがとうございます。

 

<追記>

この度、僕がベース軍師として加入している戦国バトルメタルバンド『Allegiance Reign』の初MVが公開されました。小田原城全面協力の元、色々な方々の助けもあって、素晴らしいものが撮れましたので、是非ご覧になってください。僕は烏帽子かぶってるヤツです。

◆MV
https://youtu.be/tI4YvWd8sz0

 

また、4月22日には初のフルアルバム『EiEiO』が発売となります。ブログでお世話になってっし、応援してやるか、という方は是非お願いいたします。この売上で、今後の僕らの流れも変わりますのでm(__)m
今回はレーベルにバックアップしていただき、アマゾンなどでも買えますので、よろしくお願いいたします。

 

◆amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B084WJL27Y/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_FcNEEbPEZ83CJ

◆タワーレコード

https://tower.jp/item/5025482/Ei-Ei-O
 

 

 

リブログ、リンク、引用等は基本自由です。もちろん、一報いただけると助かりますが、特におしらせいただかなくても大丈夫です。

 

スーパーコンサル2020、今年も受け付けております。究極の受験セカンドオピニオンを体験してみませんか。もちろん、2度目3度目の方も歓迎です。ご希望の方は、下記記事を参照の上、メールをください。(読んでない方が多いです。一度はぜひお読みください)

https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12446458308.html

メールアドレス、hasetomo2009☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください)

 

また、小6から定期指導(月2または月4)をご希望の方は、早めにその旨お伝えください。できれば、新学年前に一度コンサルなどで課題点や学習計画などを相談したほうがうまくいきやすいです。家庭教師の方は下記をご参照ください。(2019年現在、毎週の指導は厳しい状況です)

https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12514934840.html

 

足軽割引き(僕のバンドのライブに来てくれた方やバンド関係者の優遇)を行っています。数回ライブに来ていただければ、誰でも関係者になれます(笑) 下記記事をご参照ください。

https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12528522329.html

 

 

お問い合わせいただいたメールに返信はできていますでしょうか? 迷惑メールとして処理されてしまって届いていないということがたまにあります。僕はどんな内容でも、1週間の間に必ず返信は行いますので、1週間経ってもこない方はお手数ですがもう一度しっかりタイトルなどもいれて送っていただければと思います。問題集に載っているアドレスの方にだしていただいても構いません。

また、現在、かつてないほどの多忙につき、やや返信が遅れ気味になっております。同時に複数のメールをやり取りしている場合もありますので、返信が滞っている場合は、かまいませんので催促してください。

 

5年生や受験学年でない方のコンサルも受け付けております。また、遠方の方も交通費さえ頂ければどこにでもいきます。(九州や群馬、栃木、茨城、大阪、奈良、兵庫、京都などもありました)

 

お勉強BLOGЯanK お受験ブルーズ-ランキング1 お受験ブルーズ-ランキング2にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村   ←たまにクリックしてもらえるとうれしいです