お受験ブルーズ

現役講師がお受験を通じて世間を眺めています。
大手塾勤務→独立→プロ家庭教師と変わって来ました。(作曲・編曲、シンフォニックメタルバンド「Allegiance Reign」のベーシストとしても活動しています。どっちも本気です)

 さて、そろそろ夏の模試が返ってきて、受験生の方は模試シーズンがはじまるころでしょうか。

 

 模試では、「一喜一憂しない」というのが絶対です。注意なのは、喜びすぎてもあまり良い結果にはなりません。喜び過ぎた瞬間、そこにひそむ小さな欠点が、大きくなってくることもよく見かけます。

 気になるのは大ポカをしたりして悪かった時だと思うのですが、そういうときの方が大事です。

 

 これまた失敗パターンとしては、その異常に悪く失敗したときのものから目を背けてしまって、二度と見ないような心持です。プライドが高いとこうなりやすいのですが、ここはそれも「仕方がない」と力を抜き、一体なぜそんなポカをしてしまったのかを自己分析することが、今後のいろいろな成長につながります。それがないと、いずれまた同じようなミスをするでしょう。それが本番でないとは言い切れません。

 

 また、ポカなどはすくなく、普通に模試の点数が悪かった場合、ケアレスミスと言えど、受験学年の方は軽視すべきではありません。ケアレスミスはやはり意識の持っていき方で、ゼロにはできないものの、かなり減らすことはできます。それは、このような模試の時にケアレスミスと向かい合い、「なぜ」やったのかを自分なりに考えてみることが大事なのです。

 

 今までのケアレスミスの原因の代表原因としては、

・字が汚く、見間違い

・筆算や計算の位置の目線が動きすぎて、書き間違ったりする

・「わかった」「正解した」と確信した瞬間の心理的ミス

・設問で問われていることと、答えが違う

・「いい点をとってやろう」という力み

 

 これら以外のミスは、大体単に「実力不足」です。習ってなかった、しらなかった、気づかなかった、は単なる学力不足であることをしっかり胸に刻んでおきましょう。まだ努力が足りません。それをケアレスミスに逃げるところにも、イマイチな子の特徴があります。

 

 模試の扱いとして注意点は、その問題箇所は「ずっと以前から存在していた」という事実です。模試が返ってきてからその対策をやっても、治るのは次の次の模試か、二ヵ月くらいは見なければいけません。結構、一つの欠点を直すのに人間というものは時間がかかります。

 すると、そろそろ受験までには「もう治らない、他のところで点をとろう」と腹を決めた方がよい性質もあることでしょう。

 

 また、偏差値が10以上上の学校を目指すことをそろそろ考える時期でもありますが、関東の場合は、1校しか受けられない兵庫県私立中とは違いますので、まだ追っていても良いとは思います。大学受験では結構その辺はいくらでもひっくり返ります。

 

 中学受験では、偏差値にして10くらいが、ほぼひっくり返ることはない、と言っておいた方が良いのです。が、偏差値が四谷で55、サピで50前後の基礎学力があるならば、実は模試の形式はどこの中学にも似ていないわけで、志望校の入試に完全にアジャストすればこれはわかりません。

 

 実際に、前回(2017年2月)の入試でも僕は偏差値が7,8足りない子が豊島岡に入るのを見ています(まあ最後めっさがんばってくれたからかー)。特に女子校は、桜蔭中、女子学院以外は問題はそこまで難しくはないので、しっかり標準問題をし、ミス対策をすると、届いたりもします。少子化ですし、繰り上げ合格もあるので、諦めなければいろいろチャンスはあります。

 

 かくいう僕とて、全統では東大にはまったく届かない偏差値です。が、いくつくらいだったかも覚えていないくらいどうでもよかったです。東大形式の問題対策ばかりをやっていたので。東大模試以外はどうでもよかったのが真実ですし、実際にそのとおりになっています。

 

 模試はどこの入試にも似ていないし、そういう意味では参考学力でしかない、ということも心にとどめておいていただき、最後の期間を突っ走ってほしく思います。

 

 いつも読んでくださってありがとうございます。  

 

夏のスーパーコンサル2017今年も始めました。究極の受験セカンドオピニオンを体験してみませんか。ご希望の方はメールをくださいね。

 

お問い合わせいただいたメールに返信はできていますでしょうか? 迷惑メールとして処理されてしまって届いていないということがたまにあります。僕はどんな内容でも、1週間の間に必ず返信は行いますので、1週間経ってもこない方はお手数ですがもう一度しっかりタイトルなどもいれて送っていただければと思います。問題集に載っているアドレスの方にだしていただいても構いません。

 

5年生や受験学年でない方のコンサルも受け付けております。また、遠方の方も交通費さえ頂ければどこにでもいきます。(九州や群馬、栃木、大阪、奈良、兵庫、京都などもありました)

 

教え子の医学部留学生がブログをはじめました。医学部にご興味のある方はどうぞご覧になってください。医学部生のきつさや海外生活なんかの赤裸々なところがわかるかもですよ、むふふ。

こちらです。 http://ameblo.jp/harryhawk-bp/entry-11385618245.html お勉強BLOGЯanK お受験ブルーズ-ランキング1 お受験ブルーズ-ランキング2   ←たまにクリックしてもらえるとうれしいです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ジュクコさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。